東京都墨田区

東京都墨田区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都墨田区の斎場・葬儀場

東京都墨田区の葬儀・葬式について

香典や香典返しの特色は?
墨田区の葬儀・葬式ではお通夜に参列する方が多く、その際に香典を持参するケースが大部分を占めます。そして香典を持参した方にはその場で香典返しの引換券が渡されます。お通夜での焼香を済ませてお清めをしたあと、帰る間際に引換券を係りの者に渡して香典返しを受け取ります。昔は葬儀が終了したあとに改めて香典返しのお品が届くことが多かったのですが、今では香典を持参したその場で香典返しをするようになりました。

主な葬儀場、斎場は?
墨田区では地域にある寺院が運営するセレモニーホールを利用するケースが大多数を占めます。次いで多いのは、公営の葬儀場ホールを利用するケースです。少々狭いですが安く借りることができます。一方で家族葬や密葬の場合には、火葬場でお通夜から告別式までのすべてを行ってしまうケースもあります。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都墨田区の斎場・葬儀場

春慶寺

住所
東京都墨田区業平2-14-9
TEL
0120-22-5940
アクセス
都営浅草線・京成線「押上」駅A2出口より 徒歩1分
駐車場
2
ご利用料金
250,000

寺院斎場の春慶寺葬儀場は、都営浅草線・京成線「押上」駅A2出口より 徒歩1分のところに位置していて交通の便が良いですが、駐車場が2台分のみしかありません。最大で50名が着席でき、家族葬に最適な式場です。 仏教、無宗教の葬儀を行うことが出来ます。

東京都墨田区の歴史について

江戸時代:振袖火事で焼け野原に!碁盤目状に道路を整備
町人の娘が通りすがりの寺の小姓である少年に恋をするお話。振袖火事とは別名明暦の大火とも呼ばれる火事で、少年を想いながらも病で亡くなってしまった娘がもたらす不思議で悲しいお話です。振袖火事で江戸中心が焼け野原になり、幕府は今後の防災対策として蔵屋敷を移動させるのでした。それにより碁盤目状の道路が整備され、河川の掘削が進みました。

明治時代:さまざまな事情が合致し工業地帯へ!
明治時代、南部は本所(墨田区)となります。当時南部では瓦やろうそくなどの生活用品の生産、北部では農作物が盛んでした。その上に河川に囲まれた好都合な環境と労働事情が合致して、次第に工業地帯へと変化していきます。

昭和時代:住民登録人口がピークに!
32万6千人が居住 昭和20年(1945年)3月10日、東京大空襲直後の区域の人口は激減しました。終戦後は人々による戦後復興のすさまじい進展と、高度経済成長の影響によって急激な人口増加となり、昭和38年(1963年)には32万6千人と戦後最大の人口ピークとなりました。