病院以外(ご自宅等)でお亡くなりになった場合

医師の診断を受け、死亡診断書を受け取ります。看護師がお支度を整えますのでご家族に連絡をしてください。 ※この時点では「訃報」の案内であり、葬儀の日程など、詳細は決まり次第、再度ご連絡することをお伝えください。

コムウェルセレモニーが寝台車でお迎えにあがります。
ご自宅等、ご指定の安置場所までご搬送します。 搬送時には、死亡診断書が必要になりますので医師(病院)から受け取った死亡診断書を、弊社スタッフにお預けください。

ご自宅、または弊社の専用安置室へご安置します。
専用安置室まで一緒に向かうか、ご安置は弊社のスタッフにお任せいただきご遺族は一時帰宅するかをお選びいただきます。 「枕飾り」など臨終直後に必要なお飾りは、弊社にてご用意します。

  • 菩提寺がございましたら、まずご連絡ください。
  • ご葬儀の内容(喪主・形態・日程・会場など)についてお決めいただきます。
    ご葬儀に関するものはすべて手配が可能です。
  • ご要望やご予算に添いながら、詳細なお見積書を作成します。
  • お見積書の内容・金額をご確認いただいた上で、ご契約となります。

お打合せに添って、専門スタッフがご葬儀に必要な各種手配・準備を行ないます。
※下記につきましては、お客様で行なっていただきます。

  • 受付・会計係りの人選と依頼
    受付・会計係については挨拶や香典等の現金管理となります。適切な方をお選び頂きご依頼ください。
    ※ご葬儀の進行については弊社の専門スタッフがすべてお手伝いします。
  • お身内からの供花・供物のとりまとめ
    兄弟一同、親戚一同など、近親者からの供花・供物をとりまとめて、ご注文いただきます。
  • 参列者への挨拶
    喪主挨拶等、必要となる挨拶例文は弊社にてご用意が可能です。

通夜の前に、ご家族など近親者にお集まりいただき、ご葬儀の形式に添ったお別れをしていただきます。その後、湯灌、死化粧、死装束を施し、故人様をお柩のなかにお納めします。ご愛用のもの(副葬品)などがあれば一緒にお納めします。 ※副葬品は火葬場によって制約がありますのでご相談ください。

故人の生前を偲び、読経・焼香などを行ないます。お選びいただいたご葬儀形式に添った進行を専門スタッフがお手伝いします。参列者へは、通夜料理をご用意するケースが一般的です。

故人葬送の儀式、読経・焼香・弔事・弔電の披露、喪主様によるご挨拶など、お選びいただいたご葬儀形式に添った進行を専門スタッフがお手伝いします。

故人様と最後のお別れをしていただいた後、霊柩車にて火葬場へ向けて出発します。火葬場へ同行する人数に見合った車両をご手配します。

火葬炉の前でお別れをしていただき、お骨上げまで火葬場の休憩室でお待ちいただきます。 ※火葬場への支払いが発生する為、現金をご用意ください。(金額はスタッフまでご確認ください)

火葬場の施設係員の指示に従って二人一組でお骨を拾い上げ、事前にご用意いただいた骨壷に納めていただきます。
施設係員より埋葬許可書を受け取ります。

火葬場からお戻りになった後、仏式であればそのまま初七日法要を行なうケースが増えています。
その後、最後までおつきあいいただいた方々に会食(精進落し)をご用意されるケースが多くなっています。

ご納骨までの間、ご遺骨やご遺影写真などを安置しておける場所を確保します。 ※弊社では専用の祭壇をご用意することができます。設営場所のアドバイスや設置作業などもお手伝いします。

ご葬儀後の諸手続き、返礼、しきたりなど、弊社のアフターサービス専門スタッフが適切なアドバイスをさせていただきます。
コムウェルセレモニーのアフターサポート

主治医から病死であることを確認してもらえれば、その場で死亡診断書が作成されます。
その後、弊社の専門スタッフがお打合せまたは搬送に伺います。 ※この時点では「訃報」の案内であり、葬儀の日程など、詳細は決まり次第、再度ご連絡することをお伝えください。

検死となります。病院以外で死亡された場合は、死亡の確認が警察扱いになります。
死亡の原因が確認できれば、その場で監察医から死体検案書が作成されます。
その後、弊社の専門スタッフがお打合せまたは搬送に伺います。 ※死因が特定されない場合、警察の手配で医務院へ搬送されます。行政解剖による検死終了後、警察から連絡が入ります。
 その後、弊社の専門スタッフがお打合せ・搬送に伺います。