お焼香ってどうやるの?

お葬式に参列するという機会は、ある日突然やってきます。

初めて仏式のお葬式に参列した時「お焼香ってどうやってするの?」という疑問が頭をよぎったのではないでしょうか。

周りの方に聞いて「前の人を見ていれば分かるから」という返事を返された方は少なくないはずです

実際、スタッフもお式中に相談されている方をお見かけしますし、

「お焼香は何回すればいいですか?」とご質問頂くことがあります。

今回はご焼香のお作法についてご紹介します。

ご自分の順番になり、スタッフに案内されたら、焼香台に進みます。ご遺族様、故人様に一礼をします。

一度合掌をしたら、向かって右側にある抹香をつまみ、額の高さで押し頂いてから、隣にある香炉へくべます。

最後に、合掌、故人様へ一礼をして座席に戻ります。これが、ご焼香の一連の流れです。

宗派によっては、回数などが変わります。

真宗大谷派    2回(押し頂かない)
浄土真宗本願寺派 1回(押し頂かない)
浄土宗      1~3回
曹洞宗      2回(2回目は押し頂かない)
真言宗      3回
日蓮宗      1回または3回
天台宗      1回
臨済宗      1回

お寺様によっては特に決まりがない場合、ご焼香のお作法が変わってきます。

菩提寺があるというご家庭はそちらでお伺いするのが良いと思います。

今回ご紹介させて頂いたご焼香のお作法も、是非参考にしてみてください。