インターネットのお葬式サービス…どう考える?

インターネットの弔問が出来るサービスを行っている会社が出てきましたね。葬儀を一切行わないでインターネットだけで弔問を受けるサイトもあれば、実際の葬儀を行い、それに加えて弔問をインターネットで受付けるサイトと大きく分けて2種類あるようです。実際の葬儀+インターネットでの弔問受付の場合、ネットの費用は約3万円とのこと。またお墓に関してもお参りに行けない方に自分のお墓にライブカメラを設置して自宅のパソコンでいつでもお参りが出来るというサービスも出てきています。
お身体が不自由な方や遠方に住んでいて葬儀に参列したいけれども出来ない、お墓参りをしたいけれど中々出来ないという方のニーズはあると思うのですが、冠婚葬祭サービスの過度なIT化は家族、親戚、知人関係の絆を希薄にしてしまうことに繋がるのではないかと考えてしまいます。皆さんはどう思われますか?