清め塩について、ご存知ですか?

お葬式に参列をすると、頂いた返礼品の中や受付などに「清め塩」があるかと思います。帰宅し、

玄関先で清め塩を使用してから家の中に入る、という方が多いのではないでしょうか?

この「清め塩」、使用しないお葬式もあることをみなさんご存知ですか?

「清め塩」は元々、神道の風習です。神道では死者や葬儀はけがれという考えなので、けがれを家の中に

持ち込まないために清め塩を使います。なので、清め塩の風習は神道の流れを汲んだもので、仏教では必ず

必要というわけではありません。仏教の中でも特に「浄土真宗」では、清め塩を用意しない場合がほとんどです。

「大切な方が亡くなってしまって、すぐけがれていると考えるのは寂しいですよね」とお話しになった、浄土真宗のご導師様も

いらっしゃいました。

仏教でも神道の流れを汲んでいるというあたりが、実に日本人らしいですよね。

みなさんも、お近い方やお知り合いの方の葬儀に参列される機会があるかと思います。清め塩を見ましたら、少し今回の

ブログでのお話を思い出してみてください。

清め塩