Q. 香典袋の表書きはどのように書いたら良いのでしょうか?

A. 香典袋の表書きは宗教・宗派によって異なります。故人がどの宗教(宗派)だったのか、葬儀・告別式がどの形式で行われるのかを事前に確認しましょう。

仏式の場合「御香料」「御香典」浄土真宗は「御仏前」。神式は「御玉串料」「御榊料」キリスト教は「御花料」「御偲料」。カトリックは「御ミサ料」です。宗派を確認することが難しい場合は「ご霊前」と書いておくと、どの宗派でも失礼にあたらないとされています。「キリスト教のプロテスタント・浄土真宗」の場合は使用しませんので注意して下さい。
また四十九日後は書き方が「御仏前」となります。
●「仏式」の香典(不祝儀袋)の表書き
・御香典・御霊前・御香料・御弔料・御佛前・御供
ただ、「浄土真宗」の場合は、死後すぐに成仏するという考えから、「御仏前」と書くのがマナーで、上記のような言葉は避けるようにしなければなりません。
また宗派が分からない場合は、「御香料」と書くことが多いようです。
※「御仏前」は四十九日後に使われる表書きですが、浄土真宗の場合のみ使われています。
※香典袋に「蓮(はす)の花」が描かれているものは「仏式専用」ですので気をつけましょう!●「神式」の香典(不祝儀袋)の書き方

・御霊前・御神前・御饌料・御玉串料・御榊料
水引は「銀」を使用されることが多いようです。
●「キリスト式」の香典(不祝儀袋)の書き方
・御霊前・献花料・御花料(お花料)・御白花料・御ミサ料(カトリックの場合)
・弔慰料(プロテスタントの場合)
キリスト教式では表書きの用途に、上記のような言葉が良く使われ、水引はあってもなくてもかまいません。また、プロテスタントの場合は「御霊前」は使用しませんので注意しましょう!
●「無宗教」の香典(不祝儀袋)の書き方
無宗教、または宗教が不明の場合は、「御霊前」と書くのが一般的ですが、「キリスト教のプロテスタント・浄土真宗」の場合は、「御霊前」を使用すると失礼にあたりますので、その辺りだけは最低限、確認しておきましょう。
 
香典袋(不祝儀袋)の表書き
水引の下の中央には、ご自身の名前をフルネームで書き、裏側に名前や金額を書く欄がある場合は記入しましょう。
香典(不祝儀)を連名で包む場合
香典(不祝儀)を複数の連名で包む場合、書き方は右側が上位となります。目上の方から目下の順で右から左へと書き、中袋に全員の「住所・氏名」を書くのが一般的です(上下関係がない場合は五十音順)。
「4名以上」の場合は、表書きは代表者(団体名)の氏名をフルネームで書き、氏名の左側に「外一同」「他一同」と氏名の文字よりもやや小さめの文字で書きます(団体の場合は外一同はいりません)。または代表者を記さず「○○一同」「○○有志」といった表書きでもいいでしょう。
ご夫婦で会葬(参列)する場合、世帯主名でも連名でもかまいませんが、故人と夫婦共に関係が深かった場合は連名にするのが一般的です。
※故人と仕事上の関係で、遺族の方と面識がない場合などは、氏名の右側に「会社名」を書くようにすると遺族の方に故人との関係が分かり親切です。
※遺族側からすれば連名で香典を頂くと何かと面倒くさいので、できれば1人1人香典を包むことが、遺族の人に対しては親切です。香典袋(不祝儀袋)の中袋の書き方
中袋の表面には「金額」を漢数字で書き、裏面に「郵便番号・住所・氏名」を書きましょう。表袋に「氏名・住所」を書いても、遺族の方が管理しやすいように中袋にも書くのがマナーです。
漢数字は・・・・一⇒壱・ニ⇒弐・三⇒参・四⇒四・五⇒五・六⇒六・七⇒七・八⇒八・九⇒九・十⇒拾・百⇒百・千⇒阡・万⇒萬・円⇒圓(円でも可)
例えば、1万円の場合は・・・「金壱萬圓」となります(也はいりません)。
※裏面に金額を書く欄があるものの場合は、そちらに書き入れても良いでしょう。

お札は向きを揃えて、お札の顔が中袋の裏側(下になるように)にします。(結婚式のご祝儀の場合は逆です)。