葬儀の基礎知識
葬儀のマナーについて 2020.09.16

お葬式に持参する香典へのお金の入れ方で注意すべき7つのこと



香典とは、故人へのお悔やみの気持ちを金銭に変えてお供えするものです。いわば「弔意の表れ」ですから、適当な金額さえ香典袋に入れればよいというものではありません。

受け取った遺族が違和感や不快感を覚えないよう、香典を持参する際は適切なマナーを心掛けましょう。香典へのお金の入れ方やポイントを紹介します。

お札の入れ方についての2つの注意点




香典にお札を入れる際は、お札の向きに注意する必要があります。「お札に裏表があるの?」と疑問に思う方は、「人物が描かれている方が表・ない方が裏」と覚えましょう。

また、お札には「上下」もあります。こちらは、金額が書いてある方が上、人物が描かれている方が下です。これを踏まえて、香典にお札を入れる際のポイントを見てみましょう。

1. 中袋がある場合は中袋に対してお札が「裏」


香典に中袋がついている場合は、人物が描かれていない方が表に向くように入れます。こうすると、肖像画が描かれている側が袋の裏面にくるはずです。これは香典の持参者が訃報に接し「顔を伏せてお悔やみを述べる」ことを象徴しているといわれます。

香典は本来、故人や遺族へ弔意を示すためのものです。不幸があった家族に対するマナーとしてお札の顔を伏せて入れるのは理にかなっているといえるでしょう。

また、お札は金額が書いてある方を上にするのが一般的な入れ方です。ただし、地方によっては「肖像画が上」とするところもあります。不安があるときは、周囲の人に確認を取るのがよいでしょう。

2. 中袋がない場合は表袋に対してお札が「裏」


香典袋で中袋がついていないものは、香典袋にそのままお札を入れましょう。

香典袋に中袋がない場合でもお札の入れ方は変わりません。外袋の表面に対してお札の裏面が向くようにします。また金額が上に来るように入れるのも中袋がついているのと同様です。

お札の選び方についての注意点

香典袋にお金を入れるときは、「どのようなお札か」も重要な問題です。手元にあるお札を適当に使うと、失礼に当たるケースがあるかもしれません。香典にはどのようなお札を入れるのが望ましいのでしょうか。

1. 新札は避ける


香典袋にお金を入れるときは「使用感のあるお札」がよいとされます。これは明確な決まりというよりは、遺族や故人への配慮として必要なマナーです。

お祝い事のご祝儀は、一般に新札が使われます。見栄えを気にして、あらかじめ新札を準備する方も多いでしょう。

しかし、不祝儀である香典で新札を使うと用意周到すぎる印象です。香典を受け取った遺族は「不幸を予測していたのか」と不快に感じるかもしれません。

香典を包むときはあえてきれいなお札は避け、「突然のことできれいなお札を用意できなかった」体を装うのが望ましいでしょう。

ただし新しいものは避けるべきとしても、ボロボロのお札を使ってよいというわけではありません。汚れたり破れたりしたお札を不祝儀に使うのは失礼に当たりますので気をつけましょう。

2. 新札しかないときは折り目を付けて使う


手元に新札しかない場合は、折り目を付けて香典袋に入れるのがマナーです。折り方についての決まりは特にありませんが、お札を真ん中で折るケースが多いでしょう。

もちろん、お札を折ったからといって「古いお札」になるわけではありません。しかし香典袋から折り目のついた新札が出てくれば、遺族は香典を持参した人の配慮を感じます。

香典のマナーは知っているが「やむを得なかった」ということが伝わるでしょう。

香典に入れるお金についての注意点


香典に入れるお金には弔事ならではのしきたりやマナーがあります。お金を入れるとき、心に留めておきたいポイントを紹介します。

1. 香典の金額が多すぎるのはマナー違反


香典の金額は多いほどよいというわけではありません。故人と親しい間柄や遺族のことを思って多額の香典を包みたいと考えたとしても、一般的な相場を超えないようにしましょう。

日本には香典をもらったら、「送り主の側に不幸があったときは同じ金額の香典を返す」という風習があります。つまり次回香典の持参者に不幸があったとき、遺族が多額の香典の用意をしなければならないということです。これは大きな負担となるかもしれません。

相手に負担をかけないよう、相場の範囲内で金額を包むのがベターです。

2. 香典の金額の相場


香典の金額は故人との関係性によってさまざまです。一般的には、次の金額を目安とするとよいでしょう。

● 実母・実父:5~10万円
● 友人・知人:3,000~1万円
● ご近所:3,000~5,000円
● 上司:5,000~1万円
● 部下:5,000円

ただし、これらの金額はあくまでも相場です。

ご近所や会社関係の不幸では、近所の人や同僚と金額を合わせることもあるでしょう。この場合香典にお金をいくら入れるかは、周囲と話し合うことが必要です。

3. 金額についてのしきたり


香典は慣習的に同じ種類のお札で包むのがマナーです。3,000円、5,000円、1万円~が一般的で、お札の枚数や金額は「偶数」にならないようにします。

というのも、偶数は2で割り切れる数字であるため、「故人とのつながりが切れる」ことにつながるといわれ、香典では忌まれているのです。

近年は、「古くからの迷信に従う必要はない」とする向きもありますが、不幸事は遺族にとって非常にデリケートな問題です。マナー違反にとられたり遺族を不快にさせたりする恐れがあることは、なるべく避けたほうがよいでしょう。

香典袋の選び方についての注意点


お金を入れる香典袋にも、気をつけたいマナーがあります。遺族に不快感を与えない香典袋はどのように選べばよいのでしょうか。香典袋を選ぶときのポイントを紹介します。

1. 香典袋は金額に見合うものを選ぶ


香典袋のデザインは、中に入れる金額とのバランスを考えて選びましょう。

香典袋は「多当(たとう)」とよばれる、1枚の紙を折って作った袋を使うのが一般的です。しかし装飾については、水引を印刷しただけのシンプルなものから高級和紙を使用した豪華なものまでさまざまあります。

「お渡しするものだから見栄えのよいものを」と立派なデザインを選んだとしても、中身は数千円しか入っていない香典を渡すのは失礼に当たります。香典袋を選ぶときはまず「いくら包むか」を決めて、金額との釣り合いを考えて選ぶと失敗しにくくなるでしょう。

2. 香典袋の種類


最も簡素な香典袋は、水引が印刷されたタイプです。3,000~5,000円の香典ならこちらが無難でしょう。

また印刷ではなく実際の水引が付いたものは「水引金封」とよばれます。きちんと感が高く、5,000~1万円程度の香典におすすめです。

さらに「銀色のあわじ結びの水引」「短冊が付いている」などの特徴があるタイプは「中金封」とよばれます。3~5万円の香典ならこちらを使用するとよいでしょう。

もしも10万円以上の多額の香典を包むときは、最も豪華な「大金封」を選びます。中金封よりもサイズが大きく、見栄えがするでしょう。

香典袋の書き方の注意点


香典袋にお金を入れるときは、中袋・外袋とも名前や金額、住所などを記さねばなりません。忘れると遺族が困ることになるため、必ず必要事項を記入しましょう。

それぞれどのように書けばよいのか紹介します。

1. 中袋(中包)の書き方


中袋の表面には、香典の金額を記載します。「金○○円」とはっきり分かるように書きましょう。ただし、気をつけたいのが日常的に使う漢字ではなく「旧漢字」を使う点です。

例えば「5,000円」を包んだ場合、中袋の表には「金伍仟圓」と記します。より丁寧に記したい場合は、最後に「也」を付けて「金伍仟圓也」としてもかまいません。

一方裏面には、香典を持参した人の住所・名前を記入します。普段封筒に裏書きするように、「郵便番号→住所→氏名」と併記してください。

2. 表書きの書き方


外包の表書きは、故人の信仰していた宗教に合わせる必要があります。水引の上に宗教に合わせた言葉を記載しましょう。主教ごとの違いについては、以下を確認してください。

● 仏教:御霊前、御仏前
● 神道:御榊料、御玉串料
● キリスト教:御花料

まず仏教は49日を過ぎるまでは故人の魂が現世に留まっていると考えます。そのため、葬儀での香典では「御霊前」と記さねばなりません。一方49日を過ぎれば故人は冥土に旅立って仏となるため、「御仏前」と記すのが一般的です。

ただし、浄土真宗は「臨終即往生」の考え方のため、「故人の魂が残っている」とは考えません。浄土真宗の葬儀に参列する際は49日前でも「御仏前」と記すのがマナーです。

また神道の香典は神様に捧げるため「仏」の文字は使わないようにしましょう。五十日祭(仏教の四十九日にあたる法要)以降も御榊料、御玉串料と記載して問題ありません。

キリスト教の場合は「御花料」と記しておくと安心です。また、神道・キリスト教の場合は、蓮の柄が入っていない水引や白封筒を使用しましょう。

上段を書き終えたら、下段には自分の名前をフルネームで書きましょう。

3. 使用する筆記具


香典袋に金額や住所・氏名等を記載する場合は、「薄墨」を使うのがマナーにかなっています。薄墨で書くことは「突然のことで準備ができなかった」「悲しみで墨が薄まった」などを意味するとされます。弔意を示すのに最もふさわしい筆記具といえるでしょう。

どうしても薄墨がない場合は、黒のサインペンや筆ペンでもかまいません。ただし、時間があるならコンビニ等で購入することをおすすめします。

お金を入れた香典を持参する際の注意点


お金を入れた香典をむき出しのまま持参するのは避けましょう。不幸事の金封は、ふくさに入れるのが望ましいとされます。ふくさのマナーや選び方について見てみましょう。

1. 弔事用のふくさを選ぶ


ふくさは慶事でも使われるため、弔事用のふくさと混同しないよう注意しましょう。一般的に弔事用のふくさは「寒色系」です。青、緑、紫などが望ましいとされます。

なかでも紫は慶事・弔事のどちらでも使えます。ふくさを1つ購入するなら、紫がおすすめです。

2. ふくさは左開きに包む


ふくさには「金封ふくさ」「爪付きふくさ」「台付きふくさ」があります。

このうち袋状になっていて最も使いやすいのが金封ふくさです。弔事の場合は左開きにして香典を入れます。包む手間がない上取り出しも容易なので、非常に重宝するでしょう。ただしあくまでも簡易式なので、3万円以上の香典には不向きです。

一方爪付きふくさは、ごく一般的な風呂敷タイプのふくさです。香典を包むときはひし形になるように置きます。そして真ん中に香典を置き、右→下→上→左と折っていきましょう。こうすれば、ふくさを取り出すときに左から開けられるようになります。

さらに台付きふくさは簡易の切手盆が付いているタイプです。3万円以上の高額な香典のときに使用します。包み方は爪付きふくさと変わりません。取り出すときに左開きになればOKです。

香典を郵送するときの注意点


手渡しが基本とされる香典ですが、事情によっては通夜や葬儀に参加できないこともあるでしょう。香典を郵送する場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

1. 現金書留を使う


香典袋を送付する際は、現金書留を使用します。郵便ポストに直接投函できないので、必ず郵便局に赴きましょう。このときあまりにも香典袋が大きいと、封筒に収まりません。香典袋のサイズについて、事前に確認しておくのがベターです。

また、葬儀や通夜に間に合いそうもない場合は、葬儀から数日後に着くように日付指定して送るとよいでしょう。葬儀後は遺族もバタバタしています。なるべく負担をかけないよう配慮が必要です。

2. 手紙を添える


香典には手紙を添えると、心がこもっている印象です。長文をしたためる必要はありませんが、お悔やみの言葉は必ず添えておきましょう。このときのポイントは、次の通りです。

●通夜・葬儀に参列できなかったお詫び
●香典を持参できないことに対するお詫び
●遺族への労りの言葉
●故人の冥福を祈る言葉

使用する便せんはごくシンプルなものがベストです。

【まとめ】

マナーに従い香典で弔意を示しましょう


香典のお金の入れ方は、お札の「表」「裏」をきちんと理解しておくことが必要です。「肖像画がある方が表」「金額だけの面は裏」と覚えておきましょう。

また、中に入れるお金は新札ではなく使用済みのお札がマナーにかなっています。やむを得ず新札を使うときは折り目を入れるなど配慮が必要です。

基本的に、香典のマナーは「遺族や故人に失礼のないように」するためのものといえます。細かなしきたり等ありますが、それぞれには理由があることを忘れてはいけません。マナーに則って香典を準備し、故人や遺族に対して心からの弔意を示しましょう。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

0120-225-940 資料請求 事前相談