プランと宗教
カトリック(キリスト教)の葬儀の費用と流れ
カトリック(キリスト教)で利用可能なプラン

カトリック(キリスト教)のお葬式について

カトリックは、バチカンを本山とし、ローマ法王を中心としたキリスト教の最大教派です。
カトリックの葬儀では、死は終わりではなく始まりだと考えます。
生前の罪を赦し乞い洗礼を受けることで、キリストの秘跡に預かり、死を通して永遠の命に移るように祈ります。
死者は天に昇るため、「召天」や「帰天」と呼ばれ、やがて訪れる復活の日までを天で過ごします。
日本ではほとんどが仏教で葬儀を執り行うために、カトリックの葬儀に戸惑う人も多くおられるでしょう。
コムウェルセレモニーはカトリックの葬儀に精通しておりますので、お困りのことがございましたら、なんなりとご相談下さい。

カトリック(キリスト教)のお葬式の流れ

キリスト教には、さまざまな教派がありますが、カトリックは特に伝統に厳格であり、儀式を重んじます。
正式な儀式として執り行うために場所は原則として所属の教会です。
また、洗礼を受けた教徒でなければ葬儀を受け付けてくれません。
中には、葬儀をきっかけに洗礼を受けることもできるようです。
以下、カトリックの葬儀の流れの一例をまとめました。

危篤~臨終

危篤を告げられたら速やかに教会の神父に連絡しましょう。
まだ意識があるうちに、病者に聖油を塗ります。
これを”病者の塗油”と言います。
信者は神父に罪を告白し、神父はその罪を神に許し乞い、祈り、そして聖書を朗読します。
そして信者にぶどう酒とパンを与えます。これらは”聖体”と呼ばれ、ぶどう酒はキリストの血を、パンはキリストの肉を表します。
この聖体を病者の口の中に含むことを”聖体拝領”と言い、この儀式によって信者は復活が保障されます。

ご安置〜納棺

ご臨終となりましたら速やかにコムウェルセレモニーまでご連絡下さい。
弊社社員がお客様のもとまで寝台車でお迎えにあがります。
故人様をご自宅にお連れし、お布団の上にご安置します。
また、葬儀日程を決めるために神父にも連絡しましょう。
神父が祈りを捧げられるよう、小机や白布や必要に応じた道具をご用意いたします。

納棺式は自宅で、神父立会いのもと執り行います。聖書朗読、聖歌斉唱、そして聖水(司祭が祈祷して清めた水)を故人様に撒きます。
手を胸の位置で組み、生前使用していたロザリオや十字架を入れます。
納棺をしますと、柩に黒い布をかけて祭壇に安置します。

通夜の祈り

本来キリスト教では通夜に相当する儀式はありませんでしたが、日本のしきたりに合わすために、葬儀前夜に”通夜の祈り”を捧げます。
神父が家族のもとにやってきて、ともに祈りを捧げます。

出棺式

カトリックでは、葬儀を教会で執り行います。
自宅から教会に向かう際に”出棺式”をします。
神父が祈りを捧げる中、故人様は教会へ向けて旅立ちます。

葬儀ミサ

カトリックの葬儀は、葬儀ミサと告別式の2つに分けて行われます。
聖歌の中、司祭が聖水を撒きながら入堂します。
葬儀ミサでは、神父による儀礼が粛々と執り行われます。
”言葉の典礼”では、神父が聖書を朗読し、説教をします。
”感謝の典礼”では信徒や遺族による聖体拝領(ぶどう酒やパンを捧げる)が行われ、故人様は復活の神秘に預かります。

告別式

告別式では、一同で聖歌を歌い、弔辞や弔電が読みあげられ、1人ずつ献花をします。
ひとりずつ献花台の前まで進み出て、白い花を手向けます。
出棺の際は棺のふたを開け、参列者1人1人が故人と対面し、花を納めます。
火葬場へは霊柩車と出棺車輌で進みます。
マイクロバスなど必要な人数分だけ手配いたします。

火葬

カトリックでは本来は火葬をせず、土葬にします。
これは、神を信じるものは復活に預かるという信じられているからです。
しかし、99%以上が火葬する日本では、社会のしきたりに準じて火葬を行います。
火葬場でも神父に祈りを捧げてもらい、参列者は献花をします。

カトリック(キリスト教)のお葬式に参列される方へのマナーや注意点について

服装
カトリックの葬儀に参列の場合は、黒の略礼服を着用しましょう。

数珠
数珠は仏教専用の法具なので不要です。

聖歌・讃美歌
葬儀の中で聖歌や讃美歌の斉唱があります。分からない場合は無理に参加しなくても構いません。

香典袋・表書き
香典袋は十字のついたキリスト教専用の袋、あるいは無地の袋を用いましょう。
表書きには「御花料」と書きます。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください