プランと宗教
プロテスタント(キリスト教)の葬儀の費用と流れ
プロテスタント(キリスト教)で利用可能なプラン

プロテスタント(キリスト教)のお葬式について

プロテスタントとは、カトリック教会から分派した宗派の総称です。
「プロテスタント」という個別の教派があるわけではありません。
中世ルネサンス期の宗教改革の担い手たちが、ローマ・カトリック教会に"抗議”して興ったことから「プロテスタント」と呼ばれています。
カトリックは伝統に厳格で、儀礼を重んじますが、儀礼を司る祭祀の堕落に異を唱える形でプロテスタントが生まれました。
このような歴史的背景があるため、プロテスタントでは、現在でも、儀礼ではなく聖書こそを大切にしようと考えます。
この聖書の解釈の違いで、さまざまな教派に派生し、その数は数百に及ぶと言われています。
葬儀の進め方は教派や司祭によって異なりますので、事前の確認が必要です。

プロテスタント(キリスト教)のお葬式の流れ

プロテスタントの葬儀はカトリックほど厳格ではありません。
牧師もある程度は遺族の希望を柔軟に聞き入れてくれます。
葬儀場所も教会にこだわることはありませんし、教徒でない者の葬儀も執り行ってくれるでしょう。
ここでは一般的なプロテスタントの葬儀の流れをまとめました。

聖餐式(危篤~臨終)

信者が危篤に瀕すると牧師が聖餐式を執り行います。
これはカトリックによる「聖体拝領」と同じで、信者の口にパンとぶどう酒を与えます。パンはキリストの肉でぶどう酒はキリストの血を表しています。牧師は聖書を読み、病者の生前の罪の赦しと永遠の安息を祈ります。

ご安置〜納棺

ご臨終となりましたら速やかにコムウェルセレモニーまでご連絡下さい。
弊社社員がお客様のもとまで寝台車でお迎えにあがります。
故人様をご自宅にお連れし、お布団にご安置します。
また、葬儀日程を決めるために牧師にも連絡しましょう。
牧師が祈りを捧げられるよう、小机や白布や必要に応じた道具をご用意いたします。

納棺式は、牧師の立会いのもと執り行います。
讃美歌の斉唱、聖書朗読、そして祈りを捧げる中、故人様を納棺します。
キリスト教では死者の衣服の決まりがありません。
お着せしたいものや副葬品があれば事前にご用意しておきましょう。

前夜式

仏教の「通夜」にあたるものを、「前夜式」や「通夜式」と呼びます。
本来キリスト教では通夜に相当する儀式はありませんでしたが、日本のしきたりに合わすために前夜式が執り行われるようになりました。
讃美歌斉唱、聖書朗読、祈祷、献花などが主な内容です。
また、通夜ぶるまいも行われません。
会食の席を設ける場合は簡単な軽食を囲んで故人を偲びます。

出棺式

自宅に安置して葬儀を教会で行う場合、自宅を出発する際に「出棺式」を行います。
出棺式では、牧師が立ち合って祈りを捧げ、故人は教会へ向けて旅立ちます。

葬儀・告別式

儀礼を重んじるカトリックでは、葬儀ミサと告別式を分けましたが、プロテスタントでは、一連の流れで葬儀と告別式を執り行います。
葬儀は、牧師の祈りを中心に進めます。
プロテスタントでは、故人はすでに神のいる天に召されていると考えます。そのため、祈るのは神への感謝のためであり、遺族を慰めるためです。
故人の冥福を祈るわけではないので、祭壇も質素に飾りつけされます。
主な式次第は、讃美歌斉唱、聖書朗読、祈り、献花、そして遺族代表が挨拶をし、出棺に備えます。
火葬場へは霊柩車と出棺車輌で進みます。
マイクロバスなど必要な人数分だけ手配いたします。

火葬

キリスト教では、死者は復活に預かるという信仰から、本来は火葬をしません。
しかし、99%以上が火葬する日本では、キリスト教も社会のしきたりに合わせて火葬を行います。
火葬場では「火葬前式」として、神父に祈りを捧げてもらい、参列者は献花をします。
讃美歌を斉唱することもあるでしょう。
火葬が済むと、仏式と同じように骨上げをし、遺骨は遺族が持ち帰ります。

プロテスタント(キリスト教)のお葬式に参列される方へのマナーや注意点について

服装
プロテスタントの葬儀に参列する場合は、黒の略礼服を着用しましょう。

数珠
数珠は仏教専用の法具なので不要です。

聖歌・讃美歌
葬儀の中で聖歌や讃美歌の斉唱があります。分からない場合は無理に参加しなくても構いません。

香典袋・表書き
香典袋は十字のついたキリスト教専用の袋、あるいは無地の袋を用いましょう。
表書きには「御花料」と書きます。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください