プランと宗教
神道の葬儀の費用と流れ
神道で利用可能なプラン

神道のお葬式について

神道とは、古代の日本にさかのぼることのできる宗教です。
そして、神道の形式で行われる葬儀を「神葬祭」と呼びます。
神葬祭は、故人様にその家の守護神になってもらうための重要な儀式です。
神職を招き、親族や参列者も神道の作法に則って故人様を送り出します。
日本では、ほとんどの葬儀が仏式で執り行われます。
そのため不慣れな神葬祭に戸惑うこともあるでしょう。
コムウェルセレモニーはあらゆる宗教の葬儀に対応しています。
ここでは神葬祭について詳しくご説明させていただきますが、分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

神道のお葬式の流れ

神道では、神社と家の関係を、「氏神」と「氏子」と呼びます。
死者は家の守護神となり、やがては地域の神様(氏神)になると考えられます。
ですから、葬儀の際は地域の神社に相談しますが、最近では神職のいない神社が大変増えています。その場合は、神職のいる最寄りの神社に相談しましょう。
神葬祭では、神職による神事と、親族や参列者の玉串奉奠を中心に進められます。
以下、一般的な神葬祭の流れです。

ご安置

ご臨終となりましたら速やかにコムウェルセレモニーまでご連絡下さい。
弊社社員がお客様のもとまで寝台車でお迎えにあがります。
また、氏神の神社にも連絡して「帰幽奉告」をしてもらいましょう。
これは、神社の大前や自宅の神棚や霊舎(祖先の霊を祀るもの)に対して氏子の逝去を知らせることです。
神棚は白い半紙で忌明け(五十日祭)まで封じます。
故人には白木綿の小袖を着せて、布団に安置し、守り刀を枕元に置きます。
小さな案(祭壇のこと)を設置し、水、塩、米、酒、故人様の好物を供えます。
神職に来ていただいて「枕直し」の祭詞を奏上していただくこともあります。

納棺

納棺とは、故人様を棺の中に納めることです。
ご親族にお集まりいただき、儀式として執り行います。
まずは湯灌(ゆかん:故人様の身体を拭き清める)をし、死化粧をします。
その後、神道の納棺では、故人様に神職の姿になっていただきます。
神衣を着せていただき、男性であれば笏を持たせて烏帽子をかぶせ、女性であれば扇を持たせます。

通夜祭(遷霊祭)

通夜祭とは、仏式葬儀における通夜式に当たります。
またの名を、「遷霊祭」と呼ぶのは、神葬祭で最も重要な儀式として「御霊遷し(みたまうつし)」があるからです。
神道では、御霊(みたま)を移動するのは必ず夜と決まっています。
故人様の御霊を、亡骸から霊璽(れいじ)と呼ばれる木札に移します。
以降、故人の御霊が宿る霊璽を家の神棚や霊舎にてお祀りすることで、家の守護神として守ってくださるものとされています。

葬場祭

2日目は葬場祭を執り行います。
神職による神事と、親族や参列者の玉串奉奠を注意に執り行います。
また、葬場祭のあとは、お花入れの儀を行い、最後のお別れをします。
神道の葬儀でも、供花には菊のお花や洋花をお飾りします。
これらを棺の中に納めて、故人様をお花いっぱいにして飾って差し上げます。
喪主様にご挨拶をいただき、出棺します。

火葬祭

火葬場に到着しますと、いま一度棺のふたを開けて、故人様とお別れをします。
故人様が火葬炉に納まるのを見届けて、神職による祭礼、そして参列者ひとりずつに玉串奉奠をします。
所要時間は1時間前後です。火葬中は別室にてお待ちいただきます。
骨上げは、2人で一組の箸を持って、骨壺に遺骨を納めます。
火葬場は公共施設なので、多くの喪家様で混雑が予想されます。スタッフが丁寧にご案内いたします。

直会・帰家祭

火葬が終わると斎場に戻り、直会(なおらい)を振る舞います。
直会とは会食の意味で、両日に渡り参列していただいた親戚の方々に、お礼を述べて、共に食事をしながら故人様を偲びます。
自宅に戻ると、後飾りに遺骨と霊璽を祀り、帰家祭を執り行います。
神職は葬儀を終えたことを奉告し、遺族は玉串拝礼をします。

神道のお葬式に参列される方へのマナーや注意点について

神道のお葬式では以下の点に気を付けましょう。

服装
服装は上下黒の略礼服で参列します。
数珠は不要です。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神道のお葬式では、「玉串奉奠」をして弔意を表します。
玉串とは、榊に紙垂(しで)や木綿(ゆう)を垂らしたもので、神前に捧げて礼拝します。
根元を祭壇の方に向けて台の上に供えます。

忍び手
玉串奉奠をしたあとは、”二礼二拍手一礼”で礼拝します。
これは神社など、神道では基本的な作法ですが、葬儀の時は「忍び手」と言って、音を立てないように拍手をするので気を付けましょう。

表書き
御香典の表書きは「玉串料」と書くようにしましょう。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください