プランと宗教
友人葬の葬儀の費用と流れ
友人葬で利用可能なプラン

友人葬のお葬式について

友人葬とは、創価学会の学会員のための葬儀のことです。 遺族や親族や友人などが参列します。特徴として、僧侶を呼ばない、お布施が不要で戒名もない、創価学会専用の祭壇を使用するなどが挙げられます。
友人葬は、日蓮大聖人の仏法の本義に則る葬儀として、1991年ころから始まりました。
僧侶やお布施や位牌などの「制度」に捉われるのではなく、「まごころ」から友人を哀悼することを大切にしています。
葬儀は、友人の代表として、創価学会の各支部に設けられた儀典部(冠婚葬祭を取り仕切る部署)から儀典長と呼ばれる人に来ていただき、導師を努めてもらいます。
法華経の「方便品」「寿量品」「自我偈」を参列者全員で読みあげて、故人様を供養します。

友人葬のお葬式の流れ

友人葬では、僧侶を呼ばずに、参列者全員で法華経やお題目を読みあげます。
祭壇も創価学会専用のものを用います。喪主様には、白木祭壇としきみ祭壇のいずれかをお選びいただきます。
祭壇中央には大きな御曼荼羅の掛軸を掲げ、しきみを供えるのが特徴です。

以下、一般的な友人葬の流れです。

ご安置

ご臨終となりましたら速やかにコムウェルセレモニーまでご連絡下さい。
弊社社員がお客様のもとまで寝台車でお迎えにあがります。
ご自宅にご安置し、枕飾りを設置し、お参りができる形を整えます。
葬儀日程や場所などを決めていきますが、お住いの地域の創価学会支部へも連絡を入れて、幹部の方とともに、式の進め方や導師やご本尊の確認をします。

納棺

納棺とは、故人様を棺の中に納めることです。
ご親族にお集まりいただき、儀式として執り行います。
故人様のお身体を拭き清め(湯灌:ゆかん)、お顔をきれいにして差しあげ(死化粧)、旅のお姿である白装束をお着せし(旅支度)、そして棺の中にお納めします。また、ご希望の衣服や副葬品があれば事前にご用意ください。

通夜

通夜は、故人様との最後の夜をお過ごしいただく時間であり、同時に、友人や知人などご縁のあった方々にご参列いただく場でもあります。
友人葬の通夜式でも、内容は他の仏式葬儀と大きな違いはありません。参列者全員で読経、唱題(「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えること)僧侶に読経をいただき、親族や参列者は焼香をします。

葬儀

2日目は葬儀・告別式として行われます。
流れは前日の通夜と同じような形で進められます。
儀典長に先導していただきながら、読経、唱題をし、焼香で故人様を悼みます。

告別式

葬儀が終わると、引き続き告別式を行います。
告別式は、親族や参列者と故人様がお別れをする最後の時間です。
柩のふたを開け、親族や参列者全員で唱題をしながら、棺の中にしきみをお納めします。
喪主様には、ご参列いただいた方々に御礼のご挨拶をいただきます。
出棺では男性数名が柩を持ち、故人様を霊柩車まで運びます。
霊柩車には喪主が同乗し、その他の人は自家用車やマイクロバスであとに続きます。
通常、火葬場に向かうのは親族やごくごく近しい人たちだけで、それ以外の方は斎場にて出棺をお見送りいただいたあとに散会となります。

火葬

火葬場に到着しますと、いま一度棺のふたを開けて、故人様とお別れをします。
故人様が火葬炉に納まるのを見届けて、焼香をします。
状況にもよりますが、所要時間は1時間前後です。火葬中は別室にてお待ちいただきます。
骨上げは、2人で一組の箸を持って、骨壺に遺骨を納めます。
火葬場は公共施設なので、多くの喪家様で混雑が予想されます。スタッフが丁寧にご案内いたします。

精進落とし

火葬が終わると斎場に戻り、精進落としを振る舞います。
通夜葬儀の両日をご参列いただいた親戚の方々に、お礼を述べて、共に食事をしながら故人様を偲びます。

友人葬のお葬式に参列される方へのマナーや注意点について

友人葬では、以下の点に気をつけましょう。

香典は不要
友人葬では香典は不要としています。
とはいえ、香典は宗教を超えて、日本社会の葬儀のしきたりとして根付いています。
日蓮上人も「隋方毘尼(ずいほうびに)」といって、仏法の本義をたがわない限り、その地方や時代の風習に従うべきと説いています。
また、香典は故人様を悼み、遺族を励ます「想い」を形にしたものですから、差し出すこと自体は何ら失礼ではありません。
ただし、どうしても受けとってくれないということであれば、相手の意思を尊重しましょう。

供花はしきみか白い生花
創価学会では、ご本尊にしきみをお供えします。
それにならい、供花をしきみで統一することもあります。
祭壇や供花は白い花でも構わないとされているので、お花を出す時に遺族や葬儀社に確認しておきましょう。

数珠
葬儀には数珠を持って参列しましょう。
学会員は専用の数珠を用います。学会員でない場合は、自身のもので構わないでしょう。

表書き
御香典を差し出す場合、表書きは「御香典」「御霊前」などと書きます。

焼香
焼香の回数は宗派によって異なりますが、参列者は当家がどの宗派か把握していないでしょうから、心を込めて、お好きな数(1~3回)の焼香をすればよいでしょう。
なお、参列者が大勢の場合は、焼香の回数を1回でお願いをすることもあります。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

お急ぎの方は今すぐお電話を

フリーダイヤル

0120-22-5940

365日24時間通話無料

お気軽にお電話ください

お急ぎの方は今すぐお電話を

相談無料でお待ちしております