事前相談のすすめ

事前相談を勧める5つの理由

葬儀の満足度は、いい葬儀社との出会いで決まります。
しかし、人生で一度あるかないかの喪主の務め。数ある葬儀社の中からどこを選んでいいのかなんて分からないですよね。
だからこそ、元気なうちにいくつかの葬儀社に事前相談をし、比較検討することをおすすめします。
この記事では、事前相談のメリットと、そのかしこい方法をお教えいたします。

事前相談は、メリットこそあれ、デメリットが思いつきません。
できる状況にあるならば、必ずすることをおすすめします。
もちろん、葬儀はいつ発生するか分からないものなので、事前相談ができないケースもあるでしょう。
しかし、時間的余裕が少しでもあるならば、どんな些細な方法でも構いませんので、葬儀について事前に相談をしておきましょう。
対面相談が難しい場合は電話での質問でも構いません。
不安や疑問の解消が、いざという時の大きな安心感につながります。
事前相談のメリットは、次の5つで説明できます。

1.葬儀社を比較検討できる
2.葬儀の流れや仕組みを事前に知っておける
3.事前に葬儀の内容を決定できるため、いざという時に慌てないで済む
4.費用の心配が解消される
5.担当者の人柄に触れられる

それでは、これらをひとつひとつ細かく見ていきましょう。
事前相談を勧める5つの理由

比較検討と流れ

比較検討と流れ
1.葬儀社を比較検討できる

事前相談は、いい葬儀社と出会えるための最良の手段です。
身内に不幸が起きてから葬儀社を選定するのはかなり酷な話です。
遺体の状況は刻々と悪化していきますから、葬儀社選びに時間をかけていたずらに葬儀を遅らせるわけにはいきません。
事前相談をしておくことによって、複数の葬儀社を冷静に比較できます。
その際、ただ単純に相見積もりをするだけ、つまり見積書を並べて費用だけを比較するだけではなく、説明を受ける際のスタッフの知識や経験や人柄、出された資料の見やすさ、自社斎場を保有している葬儀社の場合は会館の印象や使いやすさなど、その葬儀社が信頼できるかどうかを総合的に判断しましょう。

2.葬儀の意味や流れを事前に知っておける

事前相談をすることで、葬儀の意味や流れについてさまざまな知識を得られます。
何もわからないまま葬儀が始まり、葬儀社のいいなりのまま進めてしまい、自分が何をしたのか分からないうちに葬儀が終わってしまったと心残りを感じる人は、思いのほかたくさんいます。
これは、知らない道を走るとものすごく遠い距離を走らされる感覚を覚えますが、その道を知っていたらそう遠くは感じないのと同じです。
葬儀も、なぜこのようななしきたりがあるのか、どのような流れで進行するのかを、事前に知っておくことで、いざという時に大きな余裕が生まれます。
供養のため、故人様としっかりと向き合うために葬儀を執り行います。
段取りを前に進めることだけに追われてしまっては、満足のいく葬儀にはなりません。
葬儀の意味や流れを事前相談で把握しておくことは、葬儀の満足度を上げる上で、とても大切なことなのです。
比較検討と流れ

事前相談と費用について

3.事前に葬儀の内容を決定できるため、いざという時に慌てないで済む

葬儀の打ち合わせで決めなければならないことは実に多岐に渡ります。
たとえばその一部として、次のようなものが挙げられます。
これらを予め決めておくだけで、打ち合わせの半分以上は軽減できるでしょう。

●搬送の手配
臨終となったら、家族は速やかに遺体を運び出さなければなりません。葬儀社を決定しておくだけで、いざという時にゼロから葬儀社を探す必要がなく、迅速にお迎えに来てもらえるでしょう。

●安置先の決定
自宅安置なのか、安置施設を利用するのか事前に決めておきます。もしも自宅安置が希望ならば、前もって仏間をきれいに整えておけます。

●日程と場所の決定
日程はその時の状況によりますが、葬儀の場所は予め複数の斎場を比較しておくことで、希望の場所を絞り込めます。いざという時に迷うことがありません。

●宗教者への連絡
菩提寺の連絡先や宗派を確認しておくだけで、スムーズに事が運びます。

●訃報の連絡
どこまでの人に声をかけるのか。予め決めておくだけで慌てずに済むでしょう。

●葬儀プランの決定
葬儀プランを決めておくことで、どれくらいの費用がかかるのか下準備ができます。

●遺影写真の準備
遺影写真の決定も遺族を悩ます要因の1つです。「おじいちゃん、写真がきらいな人だったからどこにもいい写真がない」などと、家中をひっくり返して写真選びに時間を割くのはよくある話です。予め候補のものを絞っておきましょう。

この他にもさまざまな決定事項があります。
これらを事前に決定、あるいは把握しておくことで、打ち合わせにかける時間が大きく軽減され、ゆっくりと故人様と向き合えるでしょう。


4.費用の心配が解消される
葬儀の費用がどれくらいかかるのか。
これも喪主様の頭を悩ます問題です。
一般財団法人日本消費者協会が行った『第11回「葬儀についてのアンケート調査」報告書』によると、葬儀費用の全国平均は約195.7万円だと言われています。(※コムウェルの平均費用ではこの通りではありません)
費用はなるべく安く抑えたいものですし、どうしても大きな出費を伴うのであれば、納得のいく部分にお金を使いたいものです。
葬儀は何度も何度も執り行うものではありませんから、経験がない分、どうしても葬儀社側の言いなりにならざるを得ません。
しかし、事前に複数の葬儀社から葬儀費用について説明を受けることで、どういったものに費用をかけるべきか、どの部分が自分たちの葬儀にとって不要かなどが判断できます。
また、葬儀費用の概算が知れることで、予算計画を立てやすくなるのもメリットです。


5.担当者の人柄に触れられる

実は筆者はこれが一番大切なのではと思っています。
会場や費用も大切ですが、それらも含めた担当者の人柄に触れることが大切です。
なぜならば、葬儀の満足度は「人」で決まるからです。
これはコムウェルに限らずあらゆる葬儀社にあてはまる話ですが、お客様の葬儀満足度を調べてみると、祭壇や費用などよりも、担当者の仕事が一番の要因だからです。
「きれいな祭壇だった」「安く抑えられた」などよりも、「担当者にお世話になってとても良い葬儀になった」「担当してもらった社員の態度が悪かった」などの声の方がはるかに多いことがそれを物語っています。
もちろん、いざ葬儀の担当を事前相談に対応してくれた社員が務めるかどうかは分かりません。
しかし、社員は企業の顔です。
その相談員の人柄がそのまま葬儀社の品質を表していると判断してもよいかもしれません。
事前相談と費用について

事前相談の進め方

事前相談の進め方
事前相談は、葬儀社主催の事前相談会や、式場の内覧会、終活セミナーなどがあるので、それらに参加して話を聞いてみるのがいいでしょう。
まずは一般的な話を聞いて、信頼できそうな葬儀社でしたら個別に相談してみましょう。
また、いきなり訪問して対面相談するのは気が引けるようであれば、まずはインターネットでホームページをチェックしてみましょう。
その後、興味が湧くようであれば、電話での問い合わせ、資料請求など、段階を踏んで情報を集めれば充分です。
分からないポイントや疑問や不安だけを電話で訊ねて解消するだけでも、大きな安心感につながります。

●ホームページの閲覧
まずはインターネットで自分の希望の地域の葬儀社をピックアップしてみましょう。
自社斎場を保有している、自社斎場がないために公営斎場を勧めている、付加価値を強調すしているが費用は若干高め、安さを強調している、地域密着型、広域をカバーなど、それぞれの葬儀社の性格の違いが見て分かるでしょう。

●資料請求
気になる葬儀社があれば資料請求をしましょう。
資料のできばえも葬儀社を判断するための材料のうちの1つです。
その資料は見やすく作られているでしょうか。
葬儀に不慣れな喪主目線に立った親切なつくりになっているかどうかで、葬儀社の姿勢が垣間みれます。

●電話での問い合わせ
個別に聞いてみたいことがあれば電話で問い合わせてみましょう。
匿名でも質問には丁寧に答えてくれる葬儀社が増えています。
また、電話越しの対応だけでもその葬儀社のホスピタリティがある程度判断できます。

●内覧会やセミナーへの参加
葬儀社主催の内覧会やセミナーに参加することで、より具体的に自分たちの葬儀がイメージできるでしょう。
また、実際の会館に足を踏み入れて専門家の話を聞くことで分かることもあります。

●対面相談を申し込む
ある程度よさげな葬儀社が絞り込めたら、対面相談を申し込みましょう。
自宅、葬儀社、あるいは喫茶店など、希望の場所で相談に乗ってくれるでしょう。
さまざまなことを確認、相談した上で、個別の見積もりにも応じてくれるます。
気に入ったようであれば、会員制度の入会、葬儀予約、事前契約などを交わせます。
いまいち気に入らないようであれば、他の葬儀社を検討しましょう。


いかがでしたか?
事前相談は、喪主様にたくさんのメリットをもたらせてくれます。
慌ただしい中で死別の悲しむにくれながら、葬儀についてゼロから決定し、たった数日間で全ての行程を終える。
そのすべてを喪主様が背負うのはとても残酷なことではないでしょうか。
私たち葬儀社は、喪主様の味方です。
だからこそ、元気なうちにご縁を結びたいものです。
事前によりよい葬儀について声を通わせ合うことにより、いざという時、喪主様の手足となってお手伝いができるものだと確信しています。
まずはお気軽に、ご相談ください。
事前相談の進め方

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください