火葬式(直葬)の費用と流れ
火葬式(直葬)をお探しの方へ
通夜も告別式も執り行わない 火葬だけのシンプルな葬儀スタイル
火葬式(直葬)プラン
総額
220,000円
詳細を見る

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください


火葬式(直葬)の特徴

火葬式とは、通夜も葬儀もせずに、火葬だけを執り行う葬儀スタイルです。
昨今では「直葬」(ちょくそう、じきそう)などとも呼ばれています。
セレモニーをしないために、費用を大幅に安く抑えられ、所要時間も火葬当日の1~2時間程度で済みます。
葬儀を執り行わないでほしいという故人の意思を尊重したい。
宗教心がないために葬儀を行う必要性を感じない。
少しでも費用を安く抑えたい。
このように考える人たちが火葬式を選んでいます。
もちろん、限られた時間と予算の中でも、心のこもったお見送りは可能です。
火葬式をお考えの方は、コムウェルセレモニーにご相談下さい。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

  • 必要なものは最初から全てプランに入っていて安心。お見積価格=ご請求額の明朗会計
  • リピート率90%以上の満足度の高いご葬儀
  • 上質なコムウェルホールでワンランク上の質の高いご葬儀をご提供
  • お迎えからご葬儀の施行、アフターフォローまで全て自社社員が対応
  • 厚生労働省の認定資格である「1級葬祭ディレクター」資格を有する社員が多数在籍

お迎え

コムウェルセレモニーは、病院、警察、福祉施設など、どのような場所でもお迎えに上がります。
万一のことがございましたら、まずは弊社にご連絡ください。

●搬送先
弊社が到着するまでに、ご搬送先を決めておいてください。
火葬式の場合は、火葬場併設の安置施設をご利用の方が多いように見受けます。
また、万一満室の場合は、他の安置施設をご案内いたしますのでご安心下さい。

●死亡診断書(死体検案書)
病院でお亡くなりの場合は、医師から「死亡診断書」をいただきます。
警察が介入した場合は、監察医や警察医から「死体検案書」をいただきます。
ともに、死亡届になる大切な書類ですので、弊社スタッフにお預け下さい。

ご安置

火葬式の場合は、事前に納棺をして、火葬場併設の安置施設にてお休みいただくことがほとんどです。
ご自宅への安置を希望の際は何なりとお申し出ください。

●火葬場の安置施設
火葬場の安置施設には1つの部屋に複数の故人様がお休みいただいています。
安置は有料です。
また、火葬場は公共施設で、他の遺族の面会もあります。
そのため、面会やお参りの時間や方法にも制限がありますので、予めご了承ください。


●ご自宅への安置を希望の場合
もちろん、ご自宅へのご安置も対応可能です。
希望される方はご遠慮なくお申し付けください。

納棺

火葬式では、納棺はスタッフに一任していただくことがほとんどです。
安置施設は公共空間なので、ご家族個別の儀式もできかねます。
副葬品(棺の中に一緒に納めるもの)のご希望があれば早めにお預け下さい。
ただし、副葬品は、可燃のものに限ります。
ご遺骨の損傷や火葬炉の故障の原因にもなりかねないので、ご理解ください。

火葬

火葬当日は、火葬時間の30分前にご集合下さい。
時間になるとお別れをし、火葬を見届け、焼香します。
火葬時間は約1時間です(火葬場によって異なります)。

●寺院の読経
菩提寺に連絡をして、火葬炉前で寺院に読経をしていただけます。
また、菩提寺はないけれど、僧侶のお経をご希望の方はコムウェルにご相談下さい。
お客様の家の宗派などを確認した上で、提携の寺院をご紹介させていただきます。
ただし、火葬炉前での読経は5~10程度に制限されます。
葬儀時のような長い読経はできかねますのでご了承ください。

●さまざまな宗教への対応
仏教だけでなく、神葬祭(神道式の葬儀)の場合は焼香ではなく玉串奉奠、キリスト教葬の場合は献花など、その宗教に合わせた対応が可能です。

●支払い 火葬場への費用、弊社への費用、ともに火葬場でのお支払いをお願いいたします。
現金を持参して火葬場へお越しください。

●骨上げ
骨上げは2人で一組の箸を持って、骨壺に遺骨を納めます。
日常ではない箸の持ち方をし、あちらの世界への「橋渡し」という意味があるとされています。

●埋火葬許可証
火葬を終えたことの証明になる”埋火葬許可証”が渡されます。
のちのちの埋葬で必要になる書類です。大切に保管しておきましょう。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください