葬儀の基礎知識
葬儀の準備について 2020.12.29

小平市の葬儀費用を抑えるポイントをご紹介


■小平市で葬儀をお考えの方


小平市の面積は約20.5㎢で東京都北区とほぼ同じサイズになります。一方人口は約20万人となっており、北区の約6割程度です。人口密度は低く、市内に緑も多いことから非常に暮らしやすい地域と言われています。このような特徴がある小平市では、どのような葬儀のスタイルが一般的なのでしょうか?今回は小平市の葬儀の流れや特徴について詳しくお伝えします。

■小平市でも少人数のお葬式が主流


コロナウイルスの感染拡大が進み、全国的に少人数でのお葬式をご希望する方が増えています。小平市では、コロナウイルス拡大前から、通夜をせず告別式だけ執り行なう「一日葬」や、家族・親族中心の「家族葬」などが広まる傾向がありました。しかし、コロナウイルスの影響により小規模化は加速し、参列者が20~30人規模であったが、現在は10人前後が主流になっています。

■小平市の葬儀の特徴


・小平市の葬儀の形式・流れ


全国では葬儀と火葬の順序が異なる地域があります。東京の一部では火葬が葬儀より先に火葬を行う場合があります。しかし、小平市は、一般的な全国の葬儀の流れと同様で、葬儀後に出棺して火葬を行う「後火葬」が一般的です。つまり、通夜にはじまり葬儀・告別式と続き、火葬という流れです。

・小平市の火葬場について


小平市の方が使うことの多い火葬場は、府中市にある民営の多磨葬祭場です。もしくは、立川市にある立川聖苑、埼玉県所沢市にある所沢市斎場を使う場合があります。火葬場は、友引や年末年始・お盆など休みがある場合があります。小平市にお住まいで葬儀のことを考えている方は、一度お問い合わせください。

→火葬場についてのお問い合わせはこちら

・通夜の参列者が多い


全国的には、通夜は親族だけで行い、告別式はご故人様が生前にお世話になった方を含め多くの人数でお送りすることが一般的です。しかし、小平市で葬儀を行う葬儀の場合、参列者は、通夜に参列される方のほうが多い場合がほとんどです。仕事終わりに参列する方が多いからだと考えられます。

また、全国的には、通夜が終わった後には、通夜の焼香を終えた参列者は、別室へ案内し軽い食事をふるまう「通夜振る舞い」があります。通夜振る舞いを省略して行う場合は、通夜に参列された方にお土産をお渡しすることもあります。

※新型コロナウィルス感染症の拡大により、お葬式に来られた方へのお食事のおもてなしを控えられる方が増えています。通夜振る舞いや会食に関して、ご不安なこと・ご心配なことがあれば、私たちコムウェルセレモニーへお問い合わせください。

 

■いつでも相談できるよう地元の葬儀社を選びましょう


葬儀は何度も経験するわけではなく、喪主を務めるのが初めての方も多いものです。これまで葬儀に参列したことがあっても、いざ自分が喪主となれば、分からないことや不安なことが出てくるかと思います。

生前相談による準備を行い、知識を高めることはもとより、いざお亡くなりになり葬儀の段階に進んでからも、細かく相談できるような、すぐに駆けつけてくれる地元の葬儀社を選ぶことが大切です。

■おすすめの葬儀式場


・東京西直葬センター


大切な人との思い出を語り合う温もりある家族葬専用式場です。ゲストハウスをモチーフに創られたゆったりと瞬間が流れる優雅な式場となっております。ご親族や親しい方々で心温まるお葬式をお考えの方にピッタリの式場です。また、少人数でのお葬式ができるので、コロナウイルスの感染を心配されいている方も安心して葬儀を行うことができます。


東京西直葬センターの式場詳細はこちら

■小平市の葬儀のことならコムウェルセレモニー


コムウェルセレモニーは、小平市に根ざした葬儀社。豊富な知識や経験を持つプロのスタッフが、皆様の葬儀に関するお悩みやご心配な点やご不安な点を解決します。また、いざという時は、迅速かつ柔軟な対応力により、故人様・ご遺族様に取って満足する式のお手伝いをさせていただきます。

資料請求・電話でのお問い合わせは、24時間365日受付中。また、メールでの事前相談や葬儀に関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

0120-225-940 資料請求 事前相談