葬儀の基礎知識
法事・法要について 2021.08.18

都内でキリスト教のお葬式をお考えの方

はじめに


キリスト教には大きく分けて「カトリック」と「プロテスタント」があります。それぞれ儀式の行い方や葬儀の流れが異なります。

「カトリック」「プロテスタント」の違い


「カトリック」と「プロテスタント」では教義が異なるため、通夜から葬儀までの流れや内容が異なり
ます。
聖職者の呼び名についても異なり、カトリックでは「司祭」もしくは「神父」、プロテスタントでは
「牧師」と呼ぶのが一般的です。
礼拝で斉唱する歌を、カトリックでは「聖歌」、プロテスタントでは「讃美歌」と呼びます。

キリスト教葬儀の献花


キリスト教式の葬儀では、一般的に献花を行います。
献花には白いカーネーションや菊を用います。

カトリック


カトリックでの考えは「故人は神に委ねられ、キリストの再臨と死者の復活が願われる」です。
カトリックの葬儀は、一般的に故人が所属していた教会で行われます。また、「葬儀のミサ」と「告別式」は別に行います。
カトリックの葬儀では、儀式としての通夜について特に定まった形式はありません。仏教の風習に慣れている人が多い日本などでは、「葬儀のミサ」の前夜に参列者が集まり、司祭による聖書の朗読の他、聖歌の斉唱・献花などを行い、「通夜のつどい」を設ける場合が多いようです。

「葬儀のミサ」「告別式」の流れ



① 入堂聖歌
聖歌と共に司祭が入堂します。この際、参列者は起立で迎えましょう。
棺は一旦入り口で安置され、司祭によって聖水と祈りを捧げます。
その後、司祭に続いて棺と遺族が入場とします。


② 開式の辞
司祭が棺に聖水を注ぎ、祭壇と棺に献香をします。
その後、司祭が開式の辞を述べ、葬儀の開祭を告げます。

③ 葬儀のミサ
葬儀のミサでは、「言葉の典礼」「感謝の典礼」を行います。
「言葉の典礼」は、司祭による聖書の朗読と説教を行い、参列者全員で祈りを捧げます。
「感謝の典礼」は、祭壇に「パン」と「ブドウ酒」を用意し、祈りを捧げることで、これらの実体を
イエス・キリストの肉体と血に変化させる儀式です。

④交わりの儀
信徒が司祭から聖体(パン)を受け取る儀式です。これは「聖体拝領」という、故人が復活の神秘に
あずかり、永遠の命を得られるように祈るという意味があります。

⑤閉祭の儀
司祭が信徒や会衆に祝福を与え、皆で聖歌を歌い、ミサを閉じます。

「告別式」の流れ



①入堂聖歌
葬儀のミサと同様に司祭が入堂します。


②聖歌斉唱
参列者全員で聖歌を歌います。告別式の開式になります。

③弔辞・弔電紹介
故人の略歴や弔辞・弔電を紹介します。

④献花
近親者から献花を行います。
献花を行う順番は、喪主 → 遺族 → 親族 → 一般会葬者 で行います。

⑤お礼の挨拶
喪主もしくは遺族代表が参列者に対して感謝の挨拶を行います。
参列者が多い場合には、献花の前に行います。

プロテスタント


プロテスタントの考えは、「故人は神のもとで安らかになる」という思想があるため、祈りは神のため
に行います。そのため、葬儀も神への感謝と遺族を慰めるという意味合いがあります。
プロテスタントの葬儀は、葬儀を行う場所を問いません。教会以外でも葬儀式場などで行います。
カトリックと違い、仏式での「通夜式」にあたるものとして「前夜式」を行います。
前夜式には牧師を招いて行います。

「前夜式」


①参列者全員で賛美歌の斉唱、聖書朗読が行われ、牧師が主に祈りを捧げます。
②再び聖書の朗読、牧師による祈祷を行います。
③参列者全員で賛美歌を斉唱し、牧師が死についての説教と、故人をしのんで人柄などを話す
「感話」が行われます。
④献花を行います。
牧師 → 喪主 → 遺族 → 親族 → 参列者 の順で行います。
献花の前後に、喪主もしくは遺族代表が感謝の言葉を述べて、前夜式を終了します。
前夜式の後に仏式の通夜振る舞いにあたるものは特に行いませんが、牧師や近親者で茶菓や簡単
な食事を囲み、故人を偲んで想い出を語る茶話会などを行う場合もあります。

「葬儀・告別式」の流れ


(カトリックと異なり「葬儀」と「告別式」は分けずに行います)
①入場
オルガン演奏の中、牧師を筆頭に棺・喪主・遺族が入場します。参列者は起立で出迎えます。


②聖書朗読・祈祷
牧師が聖書を朗読し、祈祷を捧げます。参列者はその間、黙祷を行います。
その後、参列者全員で賛美歌を斉唱します。

③牧師による説教
牧師が故人の略歴・人柄などを紹介します。
その後、説教を行います。

④弔辞・弔電紹介
弔辞・弔電は故人の弔いというよりも、想い出を語るような内容が一般的です

⑤祈祷・オルガン奏楽
オルガンが演奏されるので、参列者は黙祷しながら、演奏を聴きます。

⑥告別の祈り
牧師による告別の祈りを行います。その後、参列者全員で賛美歌斉唱が行われます。

⑦献花
献花を行います。
牧師 → 喪主 → 遺族 → 親族 → 一般会葬者の順に行います。
(参列者が多数のため、献花を省略する場合はあらかじめ教会と打合せを行い、一同の黙祷に変更
する場合もあります。)

⑧お礼の挨拶
喪主もしくは遺族代表が参列者に対して感謝の挨拶を行います。
参列者が多い場合には、献花の前に行います。

キリスト教葬儀の費用


キリスト教の葬儀を行うにあたり必要な費用の目安は、仏教式の葬儀と変わりません。家族葬の場合で40万円~100万円が相場です。家族葬よりも規模が大きい特別葬の場合は、100万円以上の費用が必要となることもあります。

コムウェルセレモニーでは、規模に応じたキリスト教の葬儀プランを用意しております。
家族葬(15名程度)の場合、408,650円~(税込み)にてお選び頂けます。
葬祭ディレクター試験有資格者のプランナーとディレクターによる、丁寧なご提案によりキリスト教での葬儀が初めての方でも安心してお任せいただけます。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

0120-225-940 資料請求 事前相談