葬儀の基礎知識
雑学について 2019.03.08

本当にお坊さん?
菩提寺が無いから依頼した僧侶派遣サービス



○菩提寺って?


菩提寺とは、先祖代々のお墓があったり、付き合いのあるお寺のことです。
葬儀などの宗教儀礼に関しては、そのお寺の宗派作法に従って行います。

葬儀では家族が亡くなったらすぐに連絡をして、僧侶に葬儀に出向いてもらえるようお願いします。

○菩提寺が無い場合は?


核家族化が進み、また地方から都心へ転居したなどで菩提寺との縁が無い方も増えています。

そのような事情の方がお葬式をされる時、葬儀社から「お付合いのあるお寺はございますか?」と問われ、困ってしまうケースが良くあります。
「うちは二男だから・・・」「お墓も無いし・・・」と葬儀社に相談をすれば、各宗派の僧侶を手配してくれます。
その際のお布施は葬儀社によって異なりますので、依頼の前に確認しましょう。

○僧侶派遣サービスの流行


お布施とひとことで言っても、中には葬儀の費用と同じくらい必要な場合もあります。
一体何がそんなに高いのか…と思われるでしょうが、金額の違いの一番は「戒名(法名など)」です。
その戒名にも、ランクが有ります。
このランクによって大きく金額が異なります。
一般的な「信士・信女」、「居士・大姉」、「院号 居士・大姉」の3つのランクが良く聞かれます。

読経料+戒名料=お布施 となります。
皆さんの記憶にも新しいと思いますが、2016年にある会社が「お坊さん便」と称して僧侶派遣サービスを開始し、手配サービスなどに加え読経や戒名なども含んで16万円で家族葬が行える、と今までにない価格で提供するサービスを打ち出し話題になりました。

このサービスの成功で、ネット葬儀業者が乱立し、特に都心部では葬儀争奪戦が激化しています。

都心部では、菩提寺の必要性を感じず、「檀家離れ」と呼ばれ菩提寺を持たない方が増えています。
檀家が少ないため、寺院の経営難しくなり、こっそり「僧侶派遣サービス」に登録する僧侶も多いようです。

○ニセ僧侶の出現


お坊さんにも資格があるってご存知ですか?お坊さんなるには「僧籍」という資格を得なければなりません。
修業を積んだり、仏教を学び、「得度」「授戒」など段取りを踏んで「僧籍」を得られます。

しかし、最近では僧侶としての資格のない「ニセ僧侶」が、僧侶派遣サービスで出仕してくる僧侶の中に紛れ込んでいます。

お盆や彼岸の時期になると、ネット葬儀社の僧侶派遣サービスは大忙し。お坊さんの数が足りなくなる事もあります。
普段はサラリーマンとして働いている人が袈裟を纏い、僧侶と名乗りお経を読みます。たどたどしいお経で、シッカリとお布施を受け取って帰ります。

中には、「全ての宗派のお経が読める」と豪語する自称僧侶の素人さんも居ます。
僧籍は公的な資格ではなく、各宗教宗門の私的な資格なので、読経をしても違法ではありません。
しかし「○○宗の僧侶です」と名乗ると詐欺罪になる可能性があるため、大抵は「○○宗系の僧侶です」と濁して名乗るようです。

○騙されない為に


「安いから良いや」と思う方は別ですが、大切な方の葬儀で読経を頂くのに、お金を払ってニセ僧侶のお経では有り難くもなく、成仏もできません。

気になる方は、依頼をする際には①宗派の確認②お寺の有無③資格を持っているか、など当たり前の事ですが確認をした方が良いでしょう。
また、僧侶からは名刺を頂きましょう。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください