葬儀の基礎知識
2020.11.29

杉並区で葬祭費の給付金の申請方法をご紹介!

杉並区の葬儀の費用の相場


まずは、葬儀にかかる費用の内訳を確認しましょう。葬儀にかかる費用の内訳としては、祭壇や位牌などを含む祭壇費・霊柩車などの車両費・遺体運搬・司会進行・葬儀運営スタッフなどにかかる人件費・お花代などです。

杉並区の葬儀の相場はは、火葬式に関しては約19万円、家族葬では約75万円、一般葬では約145万円となっております。他の都内のエリアに比べて、火葬式は高い傾向にあります。一方で、家族葬・一般葬は費用が安い傾向にあります。

杉並区で葬儀の費用を安くするポイント


1.斎場選びをしっかり行いましょう


杉並区の斎場では、堀ノ内斎場が多く選ばれます。火葬場と葬儀場が併設されていることが選ばれる理由の一つになります。一般的には、葬儀場と火葬場が離れていることがあり、車の手配などでご家族や参列者に負担がかかってしまいますが、移動にかかる費用や時間を抑えることができます。

また、一般葬から家族葬まで、どのような形式のご葬儀も執り行うことができるのもメリットの一つです。

一方で、式場を利用するには数日~一週間ほどお待ちいただく必要があるので注意が必要です。また、貸斎場なので他のお客様も別のホールで葬儀を執り行われている場合があるため、プライバシーや家族でゆっくりとした葬儀を行いたい方には、お勧めできません。

堀ノ内斎場で葬儀をお考えで、ご心配な点・ご不明な点があればコムウェルセレモニーへ一度お尋ねくださいませ。

コムウェルセレモニーは、杉並区の家族葬専用式場を保有しております。一日一組の式場のご利用をお考えの方は、ぜひコムウェルセレモニー自社式場の「温泉付き葬祭場 四季風 松庵」をご利用ください。

2.葬祭費給付金制度を利用する


故人が国民健康保険もしくは、扶養家族、後期高齢者医療制度に加入していた場合、葬儀を執り行った喪主に対して故人の住んでいた自治体から給付金が支給される仕組みです。様々な条件があるので確認をしましょう。

1.受給対象者


受給できるのは自営業の方、個人事業主の方、もしくはパートやアルバイトで職場の健康保険に未加入だった方で、故人と生計をともにしていた家族であり、さらに葬儀を執り行う喪主に限られます。

2.支給金額


支給金額は、一律7万円に定められています。

3.申請方法


支給条件に当てはまっている方は自動的に支給されるのではなく、希望者が申請を行わなければなりません。人の被保険者証、葬儀代と明記されている領収書の原本、喪主の印鑑(シャチハタのものは不可)、喪主名義の金融機関口座がわかるもの、マイナンバー関連資料が必要となります。

4.申請場所


葬祭費給付金を申請するのは、杉並区役所東棟2階にある10番窓口の国保年金課国保給付係、もしくは区民事務所にて手続きが可能です。

3.葬儀のプランを見直しましょう


近年では核家族化や少子化などが進んでおり、都内では特に葬儀を小規模に行われる傾向が強くなってきました。杉並区でも小規模の葬儀を選ばれる方が増えてまいりました。参列者を親族や近親者のみに絞って執り行われる家族葬の利用が多くなってきました。

家族葬は、10人から30人程度の少人数で行われるためゆっくりとした気持ちで故人を偲びお別れができるとして注目されています。家族葬は、葬儀の流れとして一般葬と変化はなくお通夜の翌日に葬儀・告別式を執り行います。一方、近年一日葬と呼ばれるスタイルも選ばれており、一日葬はお通夜を行わずに告別式のみ1日で行うという葬儀形式があります。家族葬と同じく少人数で行われることが多いので、故人を偲びながらお別れする時間をゆっくりと持つことができます。

杉並区で葬儀を行うならコムウェルセレモニーまで


コムウェルセレモニーは、日テレ・TBS・TV東京で紹介された安心の葬儀社です。お客様のご要望に合わせたお葬式を実現いたします。

ご不明な点・お困りな点は、お気軽にお問い合わせください。

電話(0120-225-940)

もしくは、こちらからお問い合わせ下さいませ。

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

0120-225-940 資料請求 事前相談