神奈川県伊勢原市

神奈川県伊勢原市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県伊勢原市の斎場・葬儀場

神奈川県伊勢原市の葬儀・葬式について

伊勢原市の通夜の振る舞いはお清め
伊勢原市だけでなく、神奈川県内ではお葬式をする際に通夜振る舞いをします。関東地域ではお通夜の際にみんなで食事をする事を清めるといいます。伊勢原市でもその振る舞いはあり、参列した方はお通夜のお焼香が終わり次第、お清めとしてみんなで食事をして故人を偲びます。

伊勢原市の葬儀が小さくても振る舞いをする傾向
今の時代はお葬式もとてもコンパクトになり、小さな葬儀ともいわれています。家族葬をする際にもお通夜を省いてしまう傾向がありますが、それでもお通夜を行い振る舞う事で故人へのお悔やみにつながります。
伊勢原市でも、今は小さなお葬式をする世帯が増えましたが、それでも昔からの風習である通夜のお清めはする家族が多くあります。

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

神奈川県伊勢原市の歴史について

江戸時代:大山寺の門前町として大賑わい
将軍家康公により大山時の改革着手され、戦国の名残である僧兵などを一層、人事の刷新を図ります。3代将軍家光の時代には莫大な資金を投じ大山時を再興され、将軍の代参や春日局などが訪れています。江戸中期になると庶民にも石尊大権現に参拝するという大山参りが大流行し、参拝者が利用する宿屋、商店などが連なる門前町として発展していきます。現在もある自社や仏像は江戸時代に建立されたものが多く、江戸時代後期には俳人、学者などが訪れるようになり、画家や芸人の輩出など文化が育つ土壌が形成されます。

明治時代:町村制により伊勢原町が誕生!
明治21年市制・町村性が公布され伊勢原市が誕生します。学校や郵便局、商工会などが設立され、人口も1万7千人にものぼるようになります。日本近代文化の礎を築くような文学界や美術界の新進気鋭の作家が訪れるようになり、明治34年には岡倉天心によって薬師三尊像が修理を施されています。また東京人類会会長坪井正五郎が三宮地区で野首(ぬくび)・下谷戸(しもやと)にあったとされる古墳群を発掘調査しています。

昭和時代:団地や新興住宅地が次々と作られ人口が増加
昭和29年・30年・31年と3度の合併を経て、新しい伊勢原市が発足していき、町の方針も開発へと移行していきます。国道・東名高速道路の整備、工場誘致や住宅団地の建設が進められていきます。昭和40年代ごろには丹沢、大山山系などの自然に恵まれていながら首都圏に近いという土地環境を生かした町づくりが進められます。伊勢原駅周辺の土地区画整理事業、あかね台・つきみ野などの大規模新興住宅地造成、伊勢原内陸工業団地建設が行われ、近代化された町へと成長していきます。昭和46年には市制を施行し、伊勢原市は首都圏のベッドタウンとして人口流入も激しくなり大きく変貌を遂げていきます。