埼玉県所沢市

埼玉県所沢市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県所沢市の斎場・葬儀場

埼玉県所沢市のおすすめ斎場・葬儀場

所沢市斎場

住所
埼玉県所沢市北原町1282
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「航空公園駅」東口より「並木通り団地」行きバスで「北原町中央」下車徒歩8分
駐車場
180台
ご利用料金
第一式場:(市民)80,000円(市民以外) 210,000円
第二式場:(市民)54,000円(市民以外) 158,000円
第三式場:(市民)54,000 円(市民以外)158,000円
第五式場:(市民)55,000 円(市民以外)160,000円

所沢市の市営斎場なので式場使用料が安価でおすすめの式場です。
葬儀式場と火葬場が同じ敷地内なので、移動負担、移動用車両費用も軽減されます。

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

埼玉県所沢市の斎場・葬儀場

所沢市斎場

住所
埼玉県所沢市北原町1282
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「航空公園駅」東口より「並木通り団地」行きバスで「北原町中央」下車徒歩8分
駐車場
180台
ご利用料金
第一式場:(市民)80,000円(市民以外) 210,000円
第二式場:(市民)54,000円(市民以外) 158,000円
第三式場:(市民)54,000 円(市民以外)158,000円
第五式場:(市民)55,000 円(市民以外)160,000円

所沢市の市営斎場なので式場使用料が安価でおすすめの式場です。
葬儀式場と火葬場が同じ敷地内なので、移動負担、移動用車両費用も軽減されます。

埼玉県所沢市の葬儀・葬式について

埼玉県所沢市の主な斎場
所沢市には所沢市斎場があり、故人が市内居住者であった場合は低料金で利用できます。市外居住者でも利用できますが、料金はかなり高額になります。例えば火葬場の利用料金は市内居住者の12倍です。所沢市斎場の最寄り駅は、西武新宿線の航空公園駅となります。駅東口からタクシーで10分程度のところです。

所沢市の平均的な葬儀費用
所沢市には古くからの住民も多いですが、マンションや新興住宅地の住民も多く、昔からのしきたりにあまりこだわらない人も多いため、現在好まれる傾向のある簡素な葬儀がおこなわれる割合が決して低くはありません。従来型の葬儀がおこなわれることも多いですが、平均の葬儀費用はさほど高くないと言えます。

埼玉県所沢市の歴史について

江戸時代:東西南北への街道の中継地として栄えた
所沢市の金山町交差点付近は江戸時代から江戸四谷への道が整備され、江戸街道、秩父道、府中八王子方面、川越方面に伸びる主要道路の中継地になり繁栄しています。この中継地は現在でも金山五差路として残っており、明治や大正期には織物の取引の中継地点になり栄えています。

明治時代:3回の大火があり、蔵造りの街並みへ!
明治時代の1875年、1880年、1885年の3回大火があり大きな被害を受けましたが、それと同時に蔵町の街並みへ多く様変わりしています。大きな大火を経験したことで蔵造は防火対策に繋がるため復旧したものと考えられています。

昭和時代:東京オリンピックでクレー射撃が行われた
昭和時代に入って1964年に東京オリンピックで散弾銃を用いて、空中などを動く素焼きの皿を打ち落としていくスポーツのクレー射撃の会場になっています。1966年にはアメリカ合衆国のイリノイ州ディケーター市と姉妹都市になっています。