東京都江戸川区

東京都江戸川区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都江戸川区の斎場・葬儀場

東京都江戸川区の葬儀・葬式について

江戸川区の葬儀は一般的
東京のルールが日本のスタンダードに位置づけられたという経緯があります。東京の代表的な区である江戸川区もまた、現在スタンダードと言われる葬儀のルールに、ごく近しいものとなります。香典なども、結婚式等と比べて、地方よりも特別多めであるという傾向もあまり見受けられません。知人であれば、3000円から5000円が相場になります。

できるだけスマートな葬儀が人気に
江戸川区では、家族葬のような小さなお葬式に人気が集まっています。これは保守的な地方よりも伸び率が高く、合理性や革新的を好む都会らしい傾向が見られます。しかしその反面お別れの会のように、演出に力を入れる自由度の高い葬儀も増えつつあります。これもまた、都会ならではの傾向と言えるでしょう。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都江戸川区の斎場・葬儀場

善慶寺 常照殿

住所
東京都江戸川区北小岩6-34-20
TEL
0120-22-5940
アクセス
京成本線「小岩」駅より徒歩2分
駐車場
10
ご利用料金
200,000

善慶寺 常照殿は、東京都江戸川区にある斎場です。京成本線小岩駅より徒歩2分とアクセスが良いです。
善慶寺は江戸時代初期に創建されたと伝えられる寺で、長い歴史を持っています。地元の人が利用することが多い式場です。
式場のみで家族葬や密葬、一日葬に向いています。出棺した後は別の火葬場まで移動して火葬を行います。
宗派や宗教の区別なく利用することができます。

東京都江戸川区の歴史について

江戸時代:江戸の台所へ!野菜を栽培が盛んに
現在東京都江戸川区になっている場所は、江戸時代には野菜作りが盛んでした。域内にある湿地帯を埋め立て土地を広げ、江戸への野菜を供給する役割を持っていました。徳川将軍によって名づけられた小松菜は、現代でも特産物として残っています。

明治時代:水害・地盤沈下による水没、水との戦いが続く
この地域は低湿地帯であったため、古くからここに住む人々は水害に悩まされていました。明治43年には荒川と利根川が決壊し、大勢の人が被災しています。頻繁に水害が起こった場所は明治から昭和にかけて工事がおこなわれ、水害が起こらないようにされました。

昭和時代:クスノキが区の木に、ツツジが区の花に制定される
廃藩置県によって域内にある18の村は東京府へ入ることとなり、明治から大正を経て昭和になるまでに周辺の複数の村を合併していきました。そして昭和初期には現在の江戸川区とほぼおなじかたちになっています。区の花はツツジ、木はクスノキに制定されました。