東京都福生市

東京都福生市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

福生市の斎場・葬儀場

福生市のおすすめ斎場・葬儀場

瑞穂斎場

住所
東京都西多摩郡瑞穂町富士山栗原新田244
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR八高線「箱根ヶ崎」駅より徒歩20分
JR青梅線「羽村」駅よりタクシー15分
駐車場
250台
ご利用料金
大式場:(組合内)100,000円(組合外)200,000円
中式場:(組合内) 80,000円(組合外)160,000円
小式場:(組合内) 60,000円 (組合外)120,000円

公営の葬儀会場のため、民間の葬儀会場に比べて式場使用料が安価です。
式場と火葬場が同じ敷地内にあるため、移動の負担がなく、
マイクロバスを用意する必要がなく、費用を抑えることもできます。
式場は3種類あり、ご葬儀の規模に合わせてご利用いただけます。
また、霊安施設も完備されています。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

福生市の斎場・葬儀場

瑞穂斎場

住所
東京都西多摩郡瑞穂町富士山栗原新田244
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR八高線「箱根ヶ崎」駅より徒歩20分
JR青梅線「羽村」駅よりタクシー15分
駐車場
250台
ご利用料金
大式場:(組合内)100,000円(組合外)200,000円
中式場:(組合内) 80,000円(組合外)160,000円
小式場:(組合内) 60,000円 (組合外)120,000円

公営の葬儀会場のため、民間の葬儀会場に比べて式場使用料が安価です。
式場と火葬場が同じ敷地内にあるため、移動の負担がなく、
マイクロバスを用意する必要がなく、費用を抑えることもできます。
式場は3種類あり、ご葬儀の規模に合わせてご利用いただけます。
また、霊安施設も完備されています。

長徳寺

住所
東京都福生市福生613
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「福生駅」より徒歩10~15分
駐車場
100台
ご利用料金
檀家:100,000円
一般:200,000円

東京都福生市にある長徳寺は、JR中央線「福生駅」より徒歩10~15分の場所に位置しています。
仏教の方に対応した式場で、家族葬や一般葬、一日葬など様々な葬儀形態に対応が可能です。
宿泊施設も備えており、駐車場も100台駐車可能です。収容人数は椅子席で50名ほどです。

福生市の葬儀・葬式について

急な葬儀で困ったら
急に大事な方が亡くなった時、何から始めて良いのかわからず動揺してしまう方は意外と多いです。葬式に参列することはあっても、自分が行うとなると分からないものです。そのようなときは弊社にお問い合わせください。経験豊富なスタッフがいつでも対応致します。

福生市の歴史について

江戸時代:農業だけでなく酒造りが行われた
江戸時代、今の福生市の地域では農業が行われていましたが、嘉永年間に多摩川堤の基礎が出来てから農作物の生産性は飛躍的に向上しました。そして年貢米を納めて余った米は酒造りへと回せました。
また当時江戸の酒需要は関西からの「下り酒」だけでは間に合わず、この地での酒造りは大いに発展しました。

明治時代:東京-神奈川の県境変更にともない東京へ編入
明治時代の初めには今の福生市は神奈川県西多摩郡福生村でした。しかし玉川上水の水量、水質確保という目的で多摩地域が東京に移管されることになりました。その際玉川上水とは直接関係ない福生地域の南多摩郡も一緒に東京に移管されることになり、こうして明治26年に県境変更が行われ、東京に編入されました。

昭和時代:戦後人口が増加し昭和45年に福生市となった
戦後の福生は米軍横田基地を中心に急速な発展を遂げました。基地労働者やサービス業などが激増し、町制施行時には7000人台だった人口は昭和40年代に入ると30000人を超えるという急激な増加を示し、昭和45年には東京都福生市となりました。