東京都立川市

東京都立川市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

立川市の斎場・葬儀場

立川市のおすすめ斎場・葬儀場

立川市営斎場

住所
東京都立川市羽衣町3-20-23
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR南武線「西国立」駅より徒歩10分
JR青梅線・五日市線・中央線・南武線「立川」駅よりバス「国立駅南口行」に乗車、「立川病院」下車
駐車場
15台
ご利用料金
市民:40,000円
市民以外:80,000円

立川市が運営する公営斎場で、
民間斎場に比べて式場使用料が安価に設定されています。
故人様が立川市民の場合は、より安価でご利用いただけます。
斎場の隣に火葬場があるため、移動の負担も軽減されます。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

立川市の斎場・葬儀場

立川市営斎場

住所
東京都立川市羽衣町3-20-23
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR南武線「西国立」駅より徒歩10分
JR青梅線・五日市線・中央線・南武線「立川」駅よりバス「国立駅南口行」に乗車、「立川病院」下車
駐車場
15台
ご利用料金
市民:40,000円
市民以外:80,000円

立川市が運営する公営斎場で、
民間斎場に比べて式場使用料が安価に設定されています。
故人様が立川市民の場合は、より安価でご利用いただけます。
斎場の隣に火葬場があるため、移動の負担も軽減されます。

無門庭園の費用・アクセス・ご利用方法のご案内

住所
東京都立川市羽衣町3-2-5
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR南武線「西国立駅」より徒歩1分
駐車場
28台
ご利用料金
式場A:60,000円
式場B:80,000円
式場C:100,000円
別館實:100,000円

無門庭園は、東京都立川市にある民営の貸斎場です。
比較的小規模なお葬式に適しています。
仏教・神道・キリスト教・新宗教の他、宗教色のないお葬式にも対応することが可能です。
駅からも近く付き添い安置のできるご安置施設もあります。面会もすることができます。
無門庭園では、一日葬にも対応しています。式場は洋室でお食事も椅子席となります。宿泊施設はありません。

立川市の葬儀・葬式について

立川市の斎場
立川市は、東京都の多摩地域に位置している、多摩地区最大の乗車人員数の立川駅を中心に発展しています。
立川市の方におそ染の葬儀場が葬儀会館エニエンス東大和市駅です。上質な空間で、最後のお別れの大切な時間を家族水入らずでお過ごしいただけます。

公設斎場でも十分に満足できる充実した設備
公設斎場は民設斎場とは異なり、華やかさや豪華さはありませんが、シンプルで使いやすい環境となっています。
和室と洋室の区別がない待合室を設けているため、和室にもテーブルとイスを配置し、湯茶も用意しています。
葬儀式場を併設しておらず、通夜や告別式に関してはご自宅もしくは別の斎場で行なう必要があるため、多くの場合には近隣の民営葬場や寺などを通夜や告別式に利用しています。

立川市の歴史について

江戸時代:新田開発により村が作られた
江戸時代は8代将軍徳川吉宗の新田開発政策によって、砂川・殿ヶ谷・宮沢・中里・八軒・芋窪新田などの開墾が進みました。この開発に伴って人が集まることになり現在の立川市各地に村が作られるようになるに至ります。

明治時代:立川村役場が建てられた
明治時代は町村の調整が度々なされ、現在の立川市周辺は神奈川県の一部でもありました。1881年には柴崎村が立川村と名称が改められ、1884年には立川村以西から拝島村までの村が連合して、役場を中神村に置き、1889年には立川村役場が建てられました。

昭和時代:基地の街・立川!アメリカ軍が立川飛行場に駐留
立川飛行場は1922年に開設され航空部隊の中核地点として使用されていましたが、1945年の第二次世界大戦の敗戦によって、アメリカ軍が駐留を続けることになりました。その後、1977年に全面返還されるまで駐留は続くことになります。