神奈川県藤沢市

神奈川県藤沢市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県藤沢市の斎場・葬儀場

神奈川県藤沢市のおすすめ斎場・葬儀場

藤沢市斎場

サムネイル画像1
住所
神奈川県藤沢市大庭3761番地
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR「辻堂」駅北口より神奈川中央交通バス「湘南ライフタウン」行 「湘南台駅」行「慶応大学」行にて「西高校前」バス亭下車、徒歩すぐ
JR東海道線「辻堂」駅北口よりタクシー7分
駐車場
100台
ご利用料金
大ホール:(市内住民)84,000円(市外住民)168,000円
小ホール:(市内住民)28,000円(市外住民)56,000円

藤沢市の市営斎場のため式場使用料が安価でおすすめの式場です。
火葬場までの距離が近く、家族葬から大型葬まで規模に合わせて対応できます。

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

神奈川県藤沢市の斎場・葬儀場

藤沢市斎場

住所
神奈川県藤沢市大庭3761番地
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR「辻堂」駅北口より神奈川中央交通バス「湘南ライフタウン」行 「湘南台駅」行「慶応大学」行にて「西高校前」バス亭下車、徒歩すぐ
JR東海道線「辻堂」駅北口よりタクシー7分
駐車場
100台
ご利用料金
大ホール:(市内住民)84,000円(市外住民)168,000円
小ホール:(市内住民)28,000円(市外住民)56,000円

藤沢市の市営斎場のため式場使用料が安価でおすすめの式場です。
火葬場までの距離が近く、家族葬から大型葬まで規模に合わせて対応できます。

神奈川県藤沢市の葬儀・葬式について

神奈川県藤沢市の火葬の特色
神奈川県は、西部は葬儀の前に火葬する前火葬、東部は葬儀の後に火葬する後火葬と全く逆の習わしがある県です。
藤沢市は神奈川県の中央よりやや東に位置し、後火葬が主流の地域になります。
斎場が併設されていない火葬場が多く、遺体の安置も受け付けてもらえないため、葬儀や繰り上げ初七日法要などは別の場所で行います。

神奈川県藤沢市の歴史について

江戸時代:遊行寺の門前町として栄えた
江戸時代に江戸と京都を結び、日本の物流と交通における主要道路として知られる東海道が神奈川県内にも走っていました。
そして、藤沢市がある地域には東海道の6番目の宿場町である藤沢宿があったため多くの人で賑わいを見せました。
また、時宗総本山の寺院である遊行寺があったことから門前町としても栄えました。

明治時代:多くの文人が鵠沼に滞在
明治時代中頃になると気候が温暖で過ごしやすい地域である鵠沼が計画別荘地として開発されることになりました。
これによって避暑地・別荘地化した鵠沼には芥川龍之介や武者小路実篤といった多くの文人が滞在するようになり、鵠沼で創作活動に打ち込むようになったのです。

昭和時代:藤沢町から藤沢市へ!
明治41年にそれまであった藤沢大坂町・鵠沼村・明治村の3つの村が合併して誕生した藤沢町は、小田原急行鉄道・江ノ島線が昭和4年に開通するなど昭和に入り開発が進みました。
そして、昭和15年10月に藤沢町が市制施行を行い藤沢市が誕生したのです。 また、その後も周辺町村の合併を繰り返し行い昭和30年に現在の大きさの市となりました。 "