神奈川県川崎市宮前区

神奈川県川崎市宮前区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県川崎市宮前区の斎場・葬儀場

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

神奈川県川崎市宮前区の斎場・葬儀場

かわさき北部斎苑

住所
神奈川県川崎市高津区下作延6-18-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR南武線「津田山」駅より 徒歩7分
駐車場
50台
ご利用料金
第1斎場:(市民)60,000円 (市民以外)180,000円
第2斎場:(市民)30,000円 (市民以外)90,000円
第3斎場一括使用:(市民)15,000円 (市民以外)45,000円
第3斎場区分使用:(市民)7,500円 (市民以外)22,500円

葬儀と言えばかつては自宅で執り行われることが多くありましたが、最近は核家族化により葬儀を専門の葬儀場で実施することが多くなっています。葬儀場で実施した場合、仮通夜や本通夜、告別式については葬儀場で執り行われますが、最後の火葬については火葬場で実施する必要があります。このため参列者は葬儀場と火葬場を往復しなければならないといった手間が発生します。

この難点を克服するために、火葬場が併設された葬儀場での葬儀に注目が集まっています。火葬場併設の葬儀場で葬儀を実施すれば、仮通夜から火葬まで場所を変えることなく一貫して葬儀を執り行うことができるため、大変便利です。川崎市高津区にあるかわさき北部斎苑 火葬場もそうした葬儀場として人気があります。駅から徒歩圏内にありアクセスが良好なためストレスなく弔問に訪れることが可能です。また建物も清潔感がありますので、安心して利用することができます。

葬儀プラン

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/vuser11/5/5/0188655/www.comwellceremony.co.jp/wp/wp-content/themes/comwell/single-area.php on line 410
対応宗教

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/vuser11/5/5/0188655/www.comwellceremony.co.jp/wp/wp-content/themes/comwell/single-area.php on line 422

神奈川県川崎市宮前区の葬儀・葬式について

神奈川県川崎市宮前区の葬儀の流れ
神奈川県川崎市宮前区は、通夜や葬儀の後に火葬を行う後火葬の地域です。
近年は家族葬や簡略した葬儀が主流で、葬儀の当日に繰り上げ初七日法要と、火葬を待つ間に忌中払いの精進料理が振る舞われます。
宮前区には公営の火葬場と斎場が約20件あり、どの斎場も交通の便が良い場所にあるため遠方からの参列も苦になりません。

神奈川県川崎市宮前区の歴史について

江戸時代:新田開発が盛んに!現在の菅生ケ丘辺りで新田の検地が行われた
1731年、現在の宮前区菅生ヶ丘あたりで幕府による検地が行なわれました。これは大野原新田開発と呼ばれ、周辺に住む人々は米農家として働く事も出来、幕末までの期間広大な田んぼが広がっていたと石碑に記されています。

明治時代:町村制施行により宮前村、向丘村が誕生
1889年4月1日、町村制施行に伴い宮前村と向丘村が誕生します。村の中央に役場が置かれ、その役場前には馬絹神社があったことが宮前村の名前の由来になっています。1938年10月1日、両村は川崎市に編入されました。

昭和時代:土地開発が盛んになり団地が作られた
1959年には川崎市の人口が50万人を突破し、土地開発が盛んに行なわれるようになりました。田園だった場所には団地が作られ、南平・有馬団地は日本有数の世帯数が住んでいました。現在もこの地区には公団団地が建っています。