神奈川県横浜市青葉区

神奈川県横浜市青葉区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県横浜市青葉区の斎場・葬儀場

神奈川県横浜市青葉区の葬儀・葬式について

横浜市青葉区の葬儀の形式・流れとは
神奈川県は都市部と郊外では葬儀の規模や方法が異なります。都市部は通夜で焼香に訪れた弔問客は軽食に箸をつけた後は早めに退出しますが、郊外であれば食事をしながら故人について語り合う習慣があります。横浜市青葉区は都市部なので、軽食に箸をつけたらすぐに退出する人が多いです。横浜市青葉区のお葬式では関東地方の他の地域と同じように一般弔問客も通夜振る舞いに箸をつけてから帰るのがマナーなので、食事をするように勧められたら遠慮をしないようにしましょう。通夜の翌日に告別式が行われ、その後に出棺・火葬・繰り上げ初七日・忌中払いの会食をします。

横浜市青葉区の火葬の特色
横浜市青葉区では、告別式の後に火葬を行う後火葬が一般的です。火葬場の予約状況によって通夜・告別式の日程が決定されます。横浜市も東京都と同じように火葬施設が不足していて、民間の火葬場を利用する場合があります。横浜市内の火葬場は混雑することが多く、亡くなってから10日~2週間後に葬儀が行われることもあるほどです。火葬場が混雑する時期は長期間にわたり遺体を保管しなければならないので、葬儀の日まで葬儀社に遺体を預けておくケースが多いようです。

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

神奈川県横浜市青葉区の斎場・葬儀場

徳恩寺 あおば浄苑

住所
神奈川県横浜市青葉区恩田町1892
TEL
0120-22-5940
アクセス
横浜高速鉄道こどもの国線「恩田駅」から徒歩2分
駐車場
80
ご利用料金
250,000

徳恩寺は、神奈川県横浜市青葉区にある寺です。横浜高速鉄道こどもの国線「恩田駅」から徒歩2分アクセスが良好な場所です。敷地内には駐車場も80台完備しており遠方からでも利用ができます。
斎場としても利用でき、一般葬や家族葬まで対応し、それぞれの事情に合った葬儀ができます。利用の際の注意点としてバリアフリー対応していない為、不安な方や事前に確認する様にして下さい。ご遺体の安置は不可ですので、故人の安置場所について葬儀担当者に問い合わせが必要です。

神奈川県横浜市青葉区の歴史について

江戸時代:賑わう街道筋とのどかな農村地帯
江戸時代には、青葉区の青葉台駅がある周辺地域には谷戸があったことで稲作などが行われのどかな農村地帯でした。
また、現在の国道246号沿いの地域には東海道の脇往還として利用された大山街道があったため、交通の要所として多くの人で賑わいを見せて栄えた地域でした。

明治時代:市町村制施行で前身の4つの村が誕生
市町村制施行が行われた明治22年以前には、現在の青葉区がある地域には都筑郡恩田村や奈良村、下谷本村、上谷本村荏田村といった15の村が存在していました。
そして、市町村制施行によってその村々が合併した結果、田奈村・中里村・山内村・中川村といった4つの村が誕生したのです。

昭和時代:田園都市線が開通!開発が進む
昭和14年4月になると田奈村・中里村・山内村・中川村といった4つの村が横浜市港北区に編入されました。
これらの地域は市に編入されてからもしばらくはのどかな農村地帯でしたが、高度成長期に入り昭和41年4月に東急田園都市線が開通したことをきっかけに開発が進み、現在では青葉区は横浜市内で港北区についで2番目に人口が多い区となっています。