神奈川県横浜市神奈川区

神奈川県横浜市神奈川区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県横浜市神奈川区の斎場・葬儀場

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

神奈川県横浜市神奈川区の葬儀・葬式について

時間をかけずにできる葬儀の形式
葬儀は、主に親族やごく親しい方だけの家族葬やしきたりなどに従って儀式と告別式を行なう一般葬が一般的となっています。
そのほかにも、通夜を行わずに葬儀と告別式のみを1日で行なう1日葬、そして火葬のみの直葬があります。
中でも、1日葬はワンデーセレモニーとも呼ばれていて、1日で済ませられるため高齢者など遺族の負担が少ないことが特徴です。

火葬場を併設している神奈川区の民営斎場
横浜市神奈川区内には火葬場を併設している民営斎場があり、直葬・家族葬・一般葬に対応しているため、それぞれのニーズに応じた葬儀が行なうことができます。
この斎場内には、車での利用ができるよう十分な広さの駐車場も完備しているほか、通夜の際の宿泊も可能なので、ゆっくりと故人の方をお見送りができます。

神奈川県横浜市神奈川区の歴史について

江戸時代:ペリー来航、生麦事件発生!激動の幕末期
ペリー来航以来外国による開港圧力や国内での幕府の弱腰外交に対する反発や尊皇攘夷運動により激動と騒乱のるつぼとなっていました。現在の神奈川区の隣の鶴見区生麦において、薩摩藩主の父・島津久光の行列に乱入したイギリス人を殺傷するという事件が起きました(生麦事件)。イギリスに圧力をかけられた幕府は対応で大わらわになったり、薩摩藩では薩英戦争のきっかけにもなりました。

明治時代:横浜市が誕生!神奈川町も合併された
江戸時代に東海道が整備され、神奈川宿がつくられました。幕末に諸外国による圧力で開港することになりますが、幕府は神奈川ではなく隣の横浜村の港を開港することにしました。これは日本人と外国人を交わらせないようにするためでした。1889年の市政変更とともに横浜市が誕生し、その後の1901年に神奈川町が横浜市に編入されました。

昭和時代:横浜大空襲により多くが焼失!復興が早かった大口通商店街には昭和天皇が巡幸!
太平洋戦争時、東京と同様に横浜でも大空襲が起きました。一面焼け野原となってしまいましたが、戦後間もない昭和21年(1946年)、任意団体大口通振興商業組合を設立して復興に励みました。日本で最も復興の早い商店街として、昭和天皇の全国最初の巡行地に選ばれました。