埼玉県川越市

埼玉県川越市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県川越市の斎場・葬儀場

埼玉県川越市のおすすめ斎場・葬儀場

川越市民聖苑やすらぎのさと

住所
埼玉県川越市大字小仙波867‐1
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「本川越」駅よりバス、2番乗り場川越グリーンパーク行「市民聖苑やすらぎのさと前」下車バス乗車時間約15分
駐車場
200台
ご利用料金
第一式場:80,000円
第二式場:80,000円
第三式場:30,000円
第四式場:30,000円
第五式場:50,000円
第六式場:8,000 円
小式場1:40,000円
小式場2:40,000円

公営のため、式場使用料が安価となっております。
大型葬まで対応できるいくつかの式場から、ご葬儀の規模によってお選びいただけます。

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

埼玉県川越市の斎場・葬儀場

川越市民聖苑やすらぎのさと

住所
埼玉県川越市大字小仙波867‐1
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「本川越」駅よりバス、2番乗り場川越グリーンパーク行「市民聖苑やすらぎのさと前」下車バス乗車時間約15分
駐車場
200台
ご利用料金
第一式場:80,000円
第二式場:80,000円
第三式場:30,000円
第四式場:30,000円
第五式場:50,000円
第六式場:8,000 円
小式場1:40,000円
小式場2:40,000円

公営のため、式場使用料が安価となっております。
大型葬まで対応できるいくつかの式場から、ご葬儀の規模によってお選びいただけます。

埼玉県川越市の葬儀・葬式について

川越市の香典返しの特徴
川越市をはじめとした埼玉県の一部地域では、お通夜のお香典に「紅白の水引」を使用することが多いことが知られています。これは、「入院中お見舞いに行けず申し訳ありませんでした」という思いを表現するために生まれた風習と言われています。なお、この際の表書きは「お見舞い」と書くのが一般的です。

川越市の納骨に関する特徴
仏式の場合の納骨は、忌明けの四十九日、あるいは一周忌の法要に合わせて行うのが日本では一般的です。一方で川越市では仏式であっても納骨をお葬式当日に行うことが多いことが知られています。当然信仰する宗派によってその詳細な対応は変わってきますが、仏式であってもキリスト教や神式同様当日に納骨することが多いです。

埼玉県川越市の歴史について

江戸時代:小江戸と呼ばれ繁栄を極めた
木材や食料を江戸に運ぶのに、水路・陸路の両方に輸送路を持つ川越は非常に便利な場所でした。その結果、江戸の新しい文化が他の地域よりも早く伝えられ、今の川越市は城下町としてまた「小江戸」と呼ばれ繁栄することになったようです。

明治時代:川越大火で多くの建物が焼失!
明治26年3月、旧城下養寿院門前から火災が発生、当時の町域の3分の1に相当する建物が焼失したとされています。この中には民家だけではなく、時の鐘・第八十五国立銀行・川越電信局・蓮碧寺を含む3寺院が含まれていました。

昭和時代:9ヶ村を編入し、人口10万を超えた
昭和8年2月に都市計画法の適用を受けた川越市は、昭和30年に隣接する9ヶ村を編入し、川越市の人口は10万人を超えることとなりました。その後も日高市・川島町を編入し、市街地開発事業などに取り組み、現在に至っています。