埼玉県新座市

埼玉県新座市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県新座市の斎場・葬儀場

埼玉県新座市のおすすめ斎場・葬儀場

新座市営墓園斎場

住所
埼玉県新座市新塚1‐5‐1
TEL
0120-22-5940
アクセス
東武東上線「朝霞駅」南口より西武バス
西武池袋線「大泉学園駅」北口から西武バス
駐車場
80台
ご利用料金
斎場A:(市民)2,570円/1時間(市民以外) 5,140円/1時間
斎場B:(市民)1,650円/1時間(市民以外)3,300円/1時間

新座市が運営する公営の式場です。
使用料が安価のため、利用される方が多いです。
また、駐車場は約80台分のスペースがあり、遠方からのご会葬にも便利です。

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

埼玉県新座市の斎場・葬儀場

新座市営墓園斎場

住所
埼玉県新座市新塚1‐5‐1
TEL
0120-22-5940
アクセス
東武東上線「朝霞駅」南口より西武バス
西武池袋線「大泉学園駅」北口から西武バス
駐車場
80台
ご利用料金
斎場A:(市民)2,570円/1時間(市民以外) 5,140円/1時間
斎場B:(市民)1,650円/1時間(市民以外)3,300円/1時間

新座市が運営する公営の式場です。
使用料が安価のため、利用される方が多いです。
また、駐車場は約80台分のスペースがあり、遠方からのご会葬にも便利です。

埼玉県新座市の葬儀・葬式について

法的な義務がない儀式の形式
葬儀や葬式には、法的な義務がないため葬儀を行なわないこともできますが、亡くなった場所からの搬送や納棺、安置そして死亡診断書の提出と火葬許可証の取得と火葬が必要となります。
葬儀を行なわず火葬だけを行なうことを直葬といい、知人や親戚がいない場合や費用をかけたくない場合に利用されています。

新座市で葬儀ができる斎場
新座市には、火葬場がないため、近隣の富士見市とふじみ野市、三芳町が管理運営する公営斎場を火葬に利用し、葬儀に新座市の市営斎場を利用する方が多いようです。
市営斎場には控室や安置室のほか、100名収容や36名収納可能な3つの洋室があり、市営ならではのリーズナブルな利用料金となっているのが特徴です。

埼玉県新座市の歴史について

江戸時代:松平信綱が野火止台地を開発!
江戸幕府の3代将軍である徳川家光から老中を任されたほど信頼が厚かった川越藩初代藩主の松平信綱が野火止台地の開発を行ったことで、それまであった大和田村・中野村・片山村に加え野火止・北野・菅沢・西堀という4つの村が誕生しました。
また、松平信綱が開発に伴って野火止用水の開削を行ったことで、現在の新座市の市域には江戸時代から明治時代に変わるまでに15の村が誕生しました。

明治時代:2回の合併を経て、前身の大和田町が誕生
明治4年11月に埼玉県が誕生したのに続き、明治8年4月に新座郡野寺村や中沢村などの黒目川流域にあった10の村が合併して片山村になりました。
さらに明治22年4月の町村制施行によって新座郡大和田町や野火止村など5つの村が合併して大和田町が誕生したのです。

昭和時代:市制施行で新座町から新座市へ
昭和30年3月になると片山村と大和田町が合併して新座市の前身である新座町になりました。
その後、昭和45年11月の市制施行によって新座市が誕生し、人口約7,7000人から成る市として市政をスタートさせました。