埼玉県さいたま市岩槻区

埼玉県さいたま市岩槻区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県さいたま市岩槻区の斎場・葬儀場

埼玉県さいたま市岩槻区の葬儀・葬式について

今増えている家族葬の魅力
岩槻区でも家族葬を依頼される方が増えています。残された家族にできるだけ負担をかけたくないということで事前に相談に来る方も多い傾向があります。やはり参列者が多かったりすると精神的な負担にもなり、故人を心を込めて送り出す事が出来なかったと後悔されるケースもありますし、家族葬はそういった意味でもメリットがあります。

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

埼玉県さいたま市岩槻区の歴史について

江戸時代:日光御成街道の宿場町としてにぎわった
岩槻区はもともと大岡家岩槻藩2万2千石の城下町として栄えていました。さらに徳川家康廟が日光に移されて将軍の日光社参が始まると、日光御成道の宿場町としても発展していきます。将軍の日光社参では岩淵・川口・鳩ケ谷を経て岩槻宿へ入り、岩槻城に泊まるというルートが取られたため、人の往来が増えたことで町は大いににぎわいました。

明治時代:南埼玉郡の郡庁が設置!政治・経済の中心となった
明治4年に施行された廃藩置県に伴って、岩槻藩は岩槻県となります。さらに浦和・忍・品川・小菅の4県を合併して埼玉県となり、初の県庁が岩槻に置かれました。
明治12年には群役所が置かれることなったため、岩槻を中心とする南埼玉郡が誕生します。群庁は県庁があった岩槻に設置され、岩槻は政治や経済の中心地として発展していきました。

昭和時代:1町6村が合併し岩槻町へ!同年に岩槻市となった
昭和29年には、5月3日に南埼玉郡岩槻町・新和村・和土村・川通村・柏崎村・河合村・慈恩寺村の1町6村が合併して岩槻町が誕生し、同じ年の7月1日には市制施行によって岩槻市が誕生しました。
その後、平成14年の公職選挙法改正による衆議院小選挙区の変更をきっかけに、さいたま市との合併が決定し、平成17年の編入によって現在はさいたま市岩槻区となっています。