埼玉県さいたま市桜区

埼玉県さいたま市桜区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県さいたま市桜区の斎場・葬儀場

埼玉県さいたま市桜区の葬儀・葬式について

葬儀の流れと形式について
主なさいたま市桜区の葬儀について説明します。葬儀行うために、亡くなった方を火葬をすることが先ですが、その場合は、亡くなった24時間後に火葬をすることが決められています。また、最近の火葬場は葬儀場の付属施設として隣接している場合が大半です。そのため、出来るだけスムーズに進めたい場合は隣接しているかどうかを確認しましょう。

精進料理の特色ついて
さいたま市桜区の精進料理は、遺族の方が振る舞う場合がさいたま市では多いと言えます。しかしながら誰もができるわけではない場合があります。そのような場合は、無理に料理を作ろうとはせずに、料理屋に精進落としを頼んでみるということも一つの手でしょう。そうすることで、余計な気を使わずに、葬儀に専念することができます。

埼玉県さいたま市桜区のおすすめ斎場・葬儀場

浦和斎場

サムネイル画像1
住所
埼玉県さいたま市桜区大字下大久保1523-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR埼京線「南与野駅」よりタクシー約15分 JR埼京線「浦和駅」よりバス大久保浄水場行「下大久保」下車徒歩7分
駐車場
ご利用料金

浦和斎場は、埼玉県さいたま市西部の秋ヶ瀬公園に隣接していて、荒川沿いの緑豊かな環境のところにあります。
アクセス方法は、公共交通機関を利用の場合には、JR浦和駅より西口2番バス乗り場から「大久保浄水場行き」に乗り35分程乗り「下大久保バス停」で下車後に徒歩10分程です。また駐車スペースも100台程ありますが、混雑時には十分なスペースが確保できない場合もあります。

サムネイル画像2
対応宗教

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/vuser11/5/5/0188655/www.comwellceremony.co.jp/wp/wp-content/themes/comwell/single-area.php on line 195

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

埼玉県さいたま市桜区の斎場・葬儀場

浦和斎場

住所
埼玉県さいたま市桜区大字下大久保1523-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR埼京線「南与野駅」よりタクシー約15分 JR埼京線「浦和駅」よりバス大久保浄水場行「下大久保」下車徒歩7分
駐車場
ご利用料金

浦和斎場は、埼玉県さいたま市西部の秋ヶ瀬公園に隣接していて、荒川沿いの緑豊かな環境のところにあります。
アクセス方法は、公共交通機関を利用の場合には、JR浦和駅より西口2番バス乗り場から「大久保浄水場行き」に乗り35分程乗り「下大久保バス停」で下車後に徒歩10分程です。また駐車スペースも100台程ありますが、混雑時には十分なスペースが確保できない場合もあります。

対応宗教

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/vuser11/5/5/0188655/www.comwellceremony.co.jp/wp/wp-content/themes/comwell/single-area.php on line 417

埼玉県さいたま市桜区の歴史について

江戸時代:荒川を使った物資の運搬が盛ん
江戸時代から荒川で舟運が盛んになり、東京との間で頻繁に物資が運ばれていました。荒川は暴れ川として度々水害を起こしましたが、その度に水塚や水害船など知恵を生み出しました。また羽根倉河岸には、当時集落がありにぎわいをみせていました。

明治時代:11の村が合併し土合村が誕生!
明治22年に11の村が合併し土合村が誕生しました。この名の由来は、十と一の村が合わさったことから命名されたといわれています。現在でもこの村の名称は残っており、住所の名称として使用されています。同じ時期に大久保村も誕生しました。

昭和時代:旧浦和市に合併!旧村名は地区名となった
昭和時代になると、現在の浦和区(旧浦和市)と合併します。合併し、市として名前は残りませんでしたが、その歴史は地区名として現在も使用されています。このように桜区には、その歴史を重んじる村の名前が今でも継承されている地区となっているのです。