埼玉県草加市

埼玉県草加市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県草加市の斎場・葬儀場

埼玉県草加市のおすすめ斎場・葬儀場

谷塚斎場

住所
埼玉県草加市瀬崎4‐6‐36
TEL
0120-22-5940
アクセス
東武伊勢崎線「谷塚駅」より徒歩10分
駐車場
100台
ご利用料金
東館:(第一式場)356,400円( 第二式場)356,400円
西館:(第一式場)302,400円( 第二式場)302,400円
南館:248,400円
北館:(月)248,400円 (光)248,400円 (星)194,400円
別館:(昴)216,000円
お別れの間:(桜)216,000円 (菊)151,200円
全館:2,257,200円

火葬場が併設されているため、移動の際のマイクロバス使用料をご負担いただく必要がありません。
家族葬から大型葬まであらゆる規模のご葬儀に対応でき、
ご自宅のようにお過ごしいただける2階建ての邸宅型式場など、計10式場を備えています。

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

埼玉県草加市の斎場・葬儀場

谷塚斎場

住所
埼玉県草加市瀬崎4‐6‐36
TEL
0120-22-5940
アクセス
東武伊勢崎線「谷塚駅」より徒歩10分
駐車場
100台
ご利用料金
東館:(第一式場)356,400円( 第二式場)356,400円
西館:(第一式場)302,400円( 第二式場)302,400円
南館:248,400円
北館:(月)248,400円 (光)248,400円 (星)194,400円
別館:(昴)216,000円
お別れの間:(桜)216,000円 (菊)151,200円
全館:2,257,200円

火葬場が併設されているため、移動の際のマイクロバス使用料をご負担いただく必要がありません。
家族葬から大型葬まであらゆる規模のご葬儀に対応でき、
ご自宅のようにお過ごしいただける2階建ての邸宅型式場など、計10式場を備えています。

埼玉県草加市の葬儀・葬式について

草加市の主な葬儀場、斎場
埼玉県草加市の代表的な斎場および火葬場は、谷塚葬祭場です。
この斎場は、東武伊勢崎線と東武スカイツリーラインの谷塚駅から徒歩で10分ほどの場所にあり、155台分の駐車場を完備しているので、車でもアクセスができます。
施設には、9基の火葬や13室の待合室をはじめ、収骨室やロビーのある火葬と休憩棟のほか、お別れの間など7棟10室の葬儀式場があります。
少人数の家族葬から大型規模の社葬までニーズに合わせて利用できます。

埼玉県草加市の歴史について

江戸時代:直轄領として幕府が直接治めていた
1603年に徳川家康が江戸幕府を開きました。この頃より、草加市域の大部分が幕府の直轄領や旗本領となりました。その後、草加は大川図書や近隣住民の協力により発展していくことになります。1630年には幕府公認の伝馬宿として認められ日光道中の宿場町になりました。

明治時代:東武鉄道が開通!草加駅が開業した
明治時代に入り草加市域は埼玉県の直轄となります。東武鉄道が北千住と久喜の間で開通しました。その途中駅として草加駅が開設されます。現在では東武伊勢崎線に含まれます。東武鉄道開通当初は、2時間間隔で1日7往復の旅客・貨物混合列車の運転でした。

昭和時代:市制施行で草加市へ!
多くの町名が変更になった 昭和時代には町村の合併や分離が頻繁に行われました。草加も谷塚町・新田村と2町1村で合併しています。また、一部地域が分離して越谷に編入されたりもしています。昭和33年11月1日の市制施行により草加市となりました。これに伴い、市内の大字が廃され町名変更が行われていきました。