埼玉県和光市

埼玉県和光市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

埼玉県和光市の斎場・葬儀場

埼玉県和光市の葬儀・葬式について

和光市の葬祭費について
和光市の葬儀では葬祭費が支給されます。市内の人で国民健康保険や後期高齢者医療に加入をしていたことが条件になり、喪主は5万円の葬祭費を受取ることができます。但し、社会保険等から埋葬費の支給を受けた場合には給付を受けることはできません。また給付申請には期限があり、葬儀を行った日の翌日から2年以内に手続きを行う必要があります。

埼玉県の葬儀・葬式の相場について

埼玉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

埼玉県和光市の歴史について

江戸時代:荒川堤を築き、氾濫対策をした
和光市の北部に荒川が流れていますが、荒川はその名の通り、昔から洪水が起きる度に氾濫し関東に水害をもたらしてきました。もちろん農業や水運にも使われる生活に欠かせない川でもあったため堤を築くことで対策を行いました。それでも時には決壊することもありました。古くは江戸時代の寛保2年(1742年)に関東一円が浸水、また安政6年(1859年)には堤が各所で壊れるなどの大洪水が発生したと言われています。

明治時代:前身となる白子村・新倉村が発足
江戸時代にはこの地域に上新倉村、下新倉村、白子村の3つの村がありました。しかし明治22年(1889年)の地方自治についての基本法の町村制が施行されたことによって上新倉村が新倉村に、そして下新倉村と白子村が合併し、下新倉村の名前が消えて白子村になりました。

昭和時代:住民の公募で「和光市」に決定
明治の町村制施行以降は大正を経て、昭和18年(1943年)に至るまで新倉村と白子村のままでしたが、それらの村が合併し大和町となりました。そして昭和45年(1970年)に町から市となり和光市が誕生しました。大和町なので一般的には大和市になるはずですが、すでに神奈川県内にあったため、住民から名前を公募する形を取り一番多かった和光市になりました。