東京都日野市

東京都日野市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

日野市の斎場・葬儀場

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

日野市の斎場・葬儀場

桃源院

住所
東京都日野市旭ヶ丘1-10-4
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「豊田駅」より徒歩15分
駐車場
50台
ご利用料金
全館:540,000円
大ホール:432,000円
小ホール:216,000円

桃源院は、東京都日野市に存在する曹洞宗の寺院が運営する葬儀場となります。
最寄り駅はJR中央線の豊田駅で、駅から徒歩で約15分となる場所に立地しています。
桃源院の特徴としては、一般葬から家族葬まで幅広く式を執り行うことができ、宗旨と宗派を一切問うことなく葬儀を行うことも可能です。
ご遺族の方の宿泊にも対応する設備が存在し、搬送された場合のご遺体安置室もあります。

高幡山金剛寺 観音院

住所
東京都日野市高幡709
TEL
0120-22-5940
アクセス
京王線・多摩都市モノレール「高幡不動駅」より徒歩3分
JR「日野」駅よりバスにて約15分
駐車場
30台
ご利用料金
全館:270,000円

高幡山金剛寺 観音院は日野市高幡にある仏教寺院の貸し式場です。
真言宗智山派別格本山、古来関東三大不動の一つに挙げられており、高幡不動尊として親しまれています。
最寄の駅は、京王線および多摩都市モノレールの高幡不動駅より徒歩約3分、交通の利便性が良い場所にあります。
施設は、式場で80席。駐車スペースは30台ほどあるので、お葬式やお通夜、告別式に参列して頂くお客様にも便利です。

宝泉寺会館

住所
東京都日野市日野本町3-6-9
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「日野駅」より徒歩3分
京王線「高幡不動」駅よりバス「日野駅行」に乗車 約15分
駐車場
20台
ご利用料金
250,000円

東京都日野市にある宝泉寺会館は、JR中央線「日野駅」より徒歩3分の場所に位置しています。
宗教的制限もないため、仏教、無宗教やキリスト教、神道の方の葬儀もできます。
宿泊施設も備えており、駐車場も20台駐車可能です。収容人数は椅子席で70名ほどです。

安養院会館

住所
東京都日野市平山3-5-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「豊田駅」よりバス「多摩センター行」に乗車、「平山5丁目」下車
京王線「平山城址公園」駅より徒歩7分
駐車場
10台
ご利用料金
150,000円

安養院会館は、日野市にある葬儀場です。
一般葬のほかに家族葬や一日葬など、予算や要望に合わせて幅広い形式の葬儀を行うことができます。
安置施設を完備しているため、病院からご遺体を直接搬送して葬儀まで安置することが可能です。

安養院会館は豊田駅からバス「多摩センター行」に乗車、「平山5丁目」下車です。さらに10台駐車可能な専用駐車場を完備していますので、車でのアクセスも安心です。

日野市の葬儀・葬式について

日野市の主流も家族葬
日野市にはいわゆる葬儀会館として、参列者の多い葬儀を行える式場から小規模な家族葬を行う式場までを一つの会館の中に備えた葬儀を行うための施設があります。規模はさまざまで、先着で一日複数の葬儀を行うところもあれば、一日一組だけの葬儀を受け付けるところもあります。家族葬が主流となっていることから、どこでどんな葬儀を行いたいかを明確にしてから選ぶことが大事です。

日野市の歴史について

江戸時代:甲州街道の日野宿として栄えた
東京都日野市は東京のほぼ真ん中に位置する市です。かつては、甲州街道の日野宿として栄えたことでも有名です。農業を中心とした宿場町として繁栄しました。国内のトラック・バス製造の最大手企業の企業城下町の顔も持ちます。

明治時代:東京府への編入し日野町となった
明治4年に廃藩置県で日野宿は神奈川県に編入されます。明治11年には多摩川が分割されて日野宿は南多摩郡に属しました。明治22年には町村制が施行、日野宿はそのまま自治体として発足します。そして三多摩が明治26年に神奈川県から東京都に編入され、日野宿は日野町に改称されました。

昭和時代:市に!全国で559番目だった
明治34年に桑田村と合併し2代目日野町となりました。昭和18年には東京都制が施行され昭和33年、七生村と合併して改めて日野町を新設します。これが3代目で、現在の市域となりました。昭和38年に市制がついに施行され、日野市は全国で559番目の市となりました。