東京都清瀬市

東京都清瀬市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

清瀬市の斎場・葬儀場

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

清瀬市の斎場・葬儀場

全龍寺 普門閣

住所
東京都清瀬市中清戸1-524-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武池袋線「清瀬駅」より徒歩12分
駐車場
100台
ご利用料金
270,000円 ※畳のみ170,000円(50席)

清瀬市にある全龍寺 普門閣は曹洞宗のお寺が管理する式場ですが、宗門宗派を問わず誰でも利用することができます。
椅子席の第一斎場は約30畳の広さがあって最大で約100名を入れることができ、規模の大きい葬儀でも問題ありません。
和室10畳の遺族控室もあり、ご希望があれば泊まることも可能です。
他にも100台を収容できる広々とした駐車場や、茶器具・ガス台・冷蔵庫・流しなどを完備した配膳室、電話・放送・冷暖房などのしっかりとしたし諸設備が揃っており、とても快適に葬儀を行うことができます。
アクセスも良好で、西武池袋線の清瀬駅から徒歩で約12分です。

円福寺

住所
東京都清瀬市野塩3-51
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武池袋線「秋津駅」より徒歩8分
JR武蔵野線「新秋津」駅もしくは西武池袋線「清瀬」駅よりタクシー利用
駐車場
70台
ご利用料金
斎場A:140,000円
斎場B:80,000円
斎場A1日:70,000円
斎場B1日:40,000円

円福寺は、東京都清瀬市にある葬儀場です。最寄の西武池袋線「秋津駅」より徒歩8分と交通のアクセスに優れています。
また、駐車場も70台分完備しています。
こちらでは、近親者のみで故人を見送る家族葬を始め一般的な葬儀や一日葬など、希望に応じて幅広く対応しています。
50名まで収容できる、使い勝手の良い葬儀場です。

清瀬市の葬儀・葬式について

清瀬市の特徴
清瀬市は、東村山市や東久留米市のほか、埼玉県新座市と柳瀬川をはさんで所沢市に隣接している、多摩地域に位置しています。
清瀬市の総人口は約74,000人で、年間の死亡者総数は約3,400人となっていて、1日あたりに換算すると毎日9.2人の方の火葬が行われている計算となります。
葬儀や火葬が行なえる民営斎場が3つ、清瀬市内にはあります。弊社運営のコムウェルホール小平では、厳粛な空間が大切な思い出と共に故人の旅立ちのお手伝いをいたします。

清瀬市の歴史について

江戸時代:雑木林、水田、畑の農作地域だった
清瀬市になる前、この地域では戦国時代より前から江戸時代にかけて、人々は水田や畑作で生活していました。そして雑木林が広くを占めていて、それらは武蔵野の雑木林としても有名です。その名残もあってか、市内の約半分近くは緑地になっています。

明治時代:6ヶ村が合併!清瀬市村となった
明治時代に入り廃藩置県がおこなわれると、この地域は複数の県を移り変わることになります。そして新しい町村制によって域内の上清戸村・中清戸村・下清戸村・清戸下宿村・中里村・野塩村の6つの村に一部地域を加えて、清瀬市村とされました。

昭和時代:人口増加が進み、市制を開始!
この地域は多摩周辺に位置していることもあり、都心への通勤に便利なので自然と人口は増加していきました。そして村の規模が大きくなるに従って、1954年に清瀬町、1970に清瀬市へと昇格しました。人口はそこからさらに増えていきます。