東京都小平市

東京都小平市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

小平市の斎場・葬儀場

小平市のおすすめ斎場・葬儀場

家族と寄り添う 邸宅型葬祭場 四季風 東大和

住所
東京都小平市小川町1-93-2
TEL
0120−22−5940
アクセス
【電車】西武拝島線「東大和市駅」徒歩5分
【車】新青梅街道からのアクセス 「奈良橋庚申塚」の交差点から青梅街道に入って、南方面にお進み下さい。西武拝島線「東大和市駅」前の「青梅橋」の交差点を左折し、300mほど進むと左手に当会館がございます。
駐車場
7台
ご利用料金
一般:300,000円
会員:250,000円

ご家族の思いを大切にした邸宅型の葬送式場。
ゆっくりとお休み頂ける宿泊施設。
大切な人との思い出を語り合う温もりある空間。
ゲストハウスをモチーフに創られたゆったりとした空間でこころゆくまで大切な人との思い出に包まれたい。 温かさと優しさに満ちた静かな時間がここにあるのが「邸宅型葬祭場 四季風 東大和」です。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

小平市の斎場・葬儀場

延命寺会館

住所
東京都小平市天神2-296
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「小平駅」南口より都営バス「西武柳沢行」もしくは
「武蔵小金井駅行」乗車、「天神町2丁目」下車
駐車場
30台
ご利用料金
216,000円 ※全館利用:324,000円(120席)

延命寺会館は、東京都小平市にある葬儀場です。
竜華山真福寺の塔頭六ヶ寺のうち随一といわれた由緒ある寺院にある葬儀場です。
アクセスは最寄の西武新宿線「小平駅」よりバスに乗ります。
駐車場を30台分完備しています。
近親者のみで故人様を見送る家族葬を始め一般的な葬儀、一日葬など幅広く対応しています。

泉蔵院

住所
東京都小平市大沼町2-673
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「小平」駅北口より徒歩20分
西武新宿線「花小金井」駅もしくはJR中央線「武蔵小金井」駅よりバス、「東久留米駅西口行(錦城高校経由)」乗車、「昭和病院北入口」下車
駐車場
15台
ご利用料金
一般:150,000円
檀家:50,000円

東京都小平市にある泉蔵院は、「小平駅」北口より徒歩20分の場所に位置しています。少し徒歩では距離があるため、タクシーのご利用をおすすめします。
宗教は仏教のみ対応で、家族葬や一般葬など様々な葬儀形式が対応可能ですが、小規模の葬儀に向いている式場です。
宿泊施設も備えており、駐車場も15台駐車可能です。収容人数は椅子席で20名ほどです。

家族と寄り添う 邸宅型葬祭場 四季風 東大和

住所
東京都小平市小川町1-93-2
TEL
0120−22−5940
アクセス
【電車】西武拝島線「東大和市駅」徒歩5分
【車】新青梅街道からのアクセス 「奈良橋庚申塚」の交差点から青梅街道に入って、南方面にお進み下さい。西武拝島線「東大和市駅」前の「青梅橋」の交差点を左折し、300mほど進むと左手に当会館がございます。
駐車場
7台
ご利用料金
一般:300,000円
会員:250,000円

ご家族の思いを大切にした邸宅型の葬送式場。
ゆっくりとお休み頂ける宿泊施設。
大切な人との思い出を語り合う温もりある空間。
ゲストハウスをモチーフに創られたゆったりとした空間でこころゆくまで大切な人との思い出に包まれたい。 温かさと優しさに満ちた静かな時間がここにあるのが「邸宅型葬祭場 四季風 東大和」です。

小平市の葬儀・葬式について

小平市の葬儀の形式・流れ
小平市の葬儀は殆どが、葬儀後に出棺して火葬する「後火葬」です。通夜にはじまり葬儀・告別式と続き、火葬という流れです。その後、繰上げ初七日と忌中払いの会食が行われることが普通です。通夜はしめやかに告別式は盛大に行うのが全国的ですが、小平市の場合は通夜の方の一般参列者が多く、葬儀・告別式は親族を中心に執り行われる傾向があります。
通夜の焼香を終えた参列客は、別室へ案内されて軽い食事をとります。喪主側が通夜振る舞いを省略する場合は、手土産を用意することになります。予め大まかな人数と料理の内容などを決めておく必要があります。手土産の場合は、手土産の内容も決めることになります。

小平市の歴史について

江戸時代:小川九郎兵衛が小川用水を整備し開墾
東京都の小平市はその名の通り起伏があまりない地区で、市域の東端に石神井川の源流があるだけでそれ以外の地域では水を得ることが困難だったのです。
しかし江戸時代に玉川上水が開削され、そのお陰で分水を取ることが可能になりました。
小川九郎兵衛が小川用水を整備して開墾し、開拓の条件が整ったことで新田開発により集落が形成されます。

明治時代:元は神奈川県だった!神奈川から東京へ移管
小平市は武蔵国多摩郡岸村が発祥の地で、玉川上水と野火止用水を南北に挟んだ地域が武蔵国多摩郡小川村として開拓されます。
明治4年に廃藩置県が施行されて神奈川県多摩郡となるので、実は元々は神奈川県にあったのです。
そして明治26年に神奈川県から東京府へ移管したことで、東京府北多摩郡小平村になります。

昭和時代:高度経済成長で人口増加!都市化が進む
小平市は町制が敷かれた頃は大半が農地だったのですが、昭和に入って都心部の住宅難に対応するため都営住宅の建設が行われます。
都市化が進んで高度成長期にはベッドタウンとして人口が急激に増加し、その後団地や官公庁住宅の建設、民間での宅地開発が進み、昭和48年には武蔵野線が開通するのです。