東京都三鷹市

東京都三鷹市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

三鷹市の斎場・葬儀場

三鷹市の葬儀・葬式について

三鷹市の主な葬儀場、斎場
コムウェルホール高円寺、別れと再会の宿 四季風は自社運営の葬儀場ですので、オーダーメイドのあたたかい葬儀を執り行う事が可能です。 厳粛な空間が大切な思い出と共に故人様の旅立ちのお手伝いをいたします。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

三鷹市の斎場・葬儀場

法専寺

住所
東京都三鷹市上連雀2-5-13
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「三鷹駅」より徒歩7分
駐車場
30
ご利用料金
140,000

法専寺は東京都三鷹市にある寺院が運営する葬儀場です。JRの三鷹駅から徒歩で7分ほどのところにあります。
宗旨宗派を問わず利用でき、小規模な家族葬から百名位の大規模な葬儀まで幅広く対応しています。
法専寺は三鷹通りの大通りに面しており、三鷹市内では良く知られた人気の高い葬儀場です。市外の人が利用することも可能です。
少人数の宿泊も可能で、寝具類なども用意されています。それから30台分の駐車場もあります。

禅林寺 霊泉斎場

住所
東京都三鷹市下連雀4-18-20
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「三鷹駅」より 徒歩10分
駐車場
90
ご利用料金
240,000

禅林寺 霊泉斎場は、東京都三鷹市にある葬儀場です。最寄のJR中央線「三鷹駅」より徒歩10分と交通のアクセスに優れています。また、駐車場、宿泊施設も完備しています。
こちらでは、近親者のみで故人を見送る家族葬を始め一般的な葬儀、一日葬など幅広く対応しています。大人数対応も可能な使い勝手の良い葬儀場です。

春清禅寺阿弥陀堂

住所
東京都三鷹市新川4-4-22
TEL
0120-22-5940
アクセス
小田急バス(三鷹駅、吉祥寺駅~仙川行)
駐車場
30
ご利用料金
230,000

春清禅寺阿弥陀堂は東京都三鷹市にある斎場で、三鷹市民の方は市民向けの料金で利用が可能です。
この春清禅寺阿弥陀堂は仏教、無宗教に対応可能です。家族とごく身近な親族だけで故人を弔う家族葬。以前から多く執り行われていた形式で知人友人を多く集めて執り行う一般葬。その他密葬など、ご遺族の希望によりあらゆる形式に対応しています。
館内は広く清潔感があるので気持ちよく施設を利用することが可能です。なお、駐車場が広く、30台程度の収容能力があります。

三鷹市の歴史について

東京都三鷹市の歴史 江戸時代:玉川上水や吉宗の財政建て直しで新田開発が進んだ
かつて徳川将軍家が鷹狩を行った鷹場の村々が集まっていたことが、三鷹という名称の由来となっています。江戸時代中期に徳川吉宗による財政の立て直しが行われ、さらに上水道として玉川上水が作られたことなどにより、三鷹では新田の開発が進みました。

明治時代:三鷹村が誕生!いくつもの村が合併した
現在の三鷹市の前身となったのは、明治時代に誕生した三鷹村です。明治22年に市町村制の施行が行われ、牟礼村や大沢村、上仙川村などいくつもの村が合併して、神奈川県北多摩郡三鷹村となったのです。その後明治26年には神奈川県から、当時の東京府への移管が行われています。

昭和時代:団地の建設が進み、人口が増加
三鷹村は昭和15年に三鷹町に、さらに昭和25年には三鷹市となり、団地の建設が進んで人口が増加しました。現在の三鷹市は人口18万人を超え、昼間人口よりも夜間人口が多い東京を代表するベッドタウンとなっています。