東京都武蔵村山市

東京都武蔵村山市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

武蔵村山市の斎場・葬儀場

武蔵村山市のおすすめ斎場・葬儀場

瑞穂斎場

サムネイル画像1
住所
東京都西多摩郡瑞穂町富士山栗原新田244
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR八高線「箱根ヶ崎」駅より徒歩20分
JR青梅線「羽村」駅よりタクシー15分
駐車場
250台
ご利用料金
大式場:(組合内)100,000円(組合外)200,000円
中式場:(組合内) 80,000円(組合外)160,000円
小式場:(組合内) 60,000円 (組合外)120,000円

公営の葬儀会場のため、民間の葬儀会場に比べて式場使用料が安価です。
式場と火葬場が同じ敷地内にあるため、移動の負担がなく、
マイクロバスを用意する必要がなく、費用を抑えることもできます。
式場は3種類あり、ご葬儀の規模に合わせてご利用いただけます。
また、霊安施設も完備されています。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

武蔵村山市の斎場・葬儀場

瑞穂斎場

住所
東京都西多摩郡瑞穂町富士山栗原新田244
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR八高線「箱根ヶ崎」駅より徒歩20分
JR青梅線「羽村」駅よりタクシー15分
駐車場
250台
ご利用料金
大式場:(組合内)100,000円(組合外)200,000円
中式場:(組合内) 80,000円(組合外)160,000円
小式場:(組合内) 60,000円 (組合外)120,000円

公営の葬儀会場のため、民間の葬儀会場に比べて式場使用料が安価です。
式場と火葬場が同じ敷地内にあるため、移動の負担がなく、
マイクロバスを用意する必要がなく、費用を抑えることもできます。
式場は3種類あり、ご葬儀の規模に合わせてご利用いただけます。
また、霊安施設も完備されています。

武蔵村山市の葬儀・葬式について

武蔵村山市の葬儀の形式・流れとは
武蔵村山市は東京都の他の地域と同じように、通夜・告別式・火葬の順番で葬儀が執り行われます。通夜は盛大に行われ、焼香に訪れた全ての人に通夜振る舞いの食事を提供する習慣があります。通夜に訪問した際に軽食が用意されていた場合には、焼香後に1口でも箸をつけてから退出をすることがマナーです。告別式と出棺の流れについては、東京都の他の地域のお葬式と同じです。

武蔵村山市の火葬の特色とは
武蔵村山市のすぐ近くにある埼玉県には通夜の直後(告別式の前)に火葬を行う前火葬の習慣がありますが、当市にはそのような習慣はありません。そのため告別式の後に出棺して、霊柩車で火葬場まで移動します。武蔵村山市内には火葬施設がないため、近隣であれば瑞穂町に設置されている公営の瑞穂斎場まで移動する必要があります。瑞穂斎場の式場を利用して通夜・告別式を行えば、告別式後にすぐに火葬を行うことができます。

武蔵村山市の歴史について

江戸時代:養蚕が盛ん!農業以外の副業だった
江戸時代の武蔵村山市は「村山絣」という木綿の織物が主産業でした。ミカンやリンゴ、米なども作っておりました。水田が少ない武蔵村山では、年貢としておさめる米が少なく、女性は養蚕を副業として行っていました。

明治時代:韮山県から神奈川県へ、最後は東京府に編入
明治時代の武蔵村山市は近代国家への道を歩み始めました。まず、韮山県という県に所属することになり、その後は神奈川県に再編されました。明治26年には、現在の東京都の前身である東京府に再度再編されることになりました。このころは村山と呼ばれていました。

昭和時代:団地の建設で人口が増加!村山市から武蔵村山市へ
第二次世界大戦中には軍用施設が多くつくられ、空爆により被害も少なくありませんでした。戦後になると昭和29年には「村山町」、昭和45年には現在の「武蔵村山市」になりました。高度経済期とともに、多くの工業が作られ、村山団地などの住宅もたくさんつくられました。人口が急増するとともにベッドタウンに成長しました。