東京都中野区

東京都中野区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都中野区の斎場・葬儀場

東京都中野区の葬儀・葬式について

急な葬儀で困ったら
急に大事な方が亡くなった時、何から始めて良いのかわからず動揺してしまう方は意外と多いです。葬式に参列することはあっても、自分が行うとなると分からないものです。そのようなときは弊社にお問い合わせください。経験豊富なスタッフがいつでも対応致します。

東京都中野区のおすすめ斎場・葬儀場

宝仙寺大師堂

サムネイル画像1
住所
東京都中野区中央2-33-3
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ丸の内線・都営大江戸「中野坂上」駅より 徒歩6分
駐車場
60
ご利用料金
250,000

宝仙寺は、東京都中野区中央に所在する斎場です。アクセスとしては、電車の場合は、地下鉄丸の内線・大江戸駅の中野坂上駅出口より徒歩で6分、バスの場合は都営バスの宝仙寺前下車で徒歩1分となっています。
一般葬儀から家族葬まで幅広いニーズに応えてくれる斎場です。
なお駐車場も敷地内に完備されており、駐車台数は60台となっていますので車でお越しの方も安心です。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都中野区の斎場・葬儀場

宝仙寺大師堂

住所
東京都中野区中央2-33-3
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ丸の内線・都営大江戸「中野坂上」駅より 徒歩6分
駐車場
60
ご利用料金
250,000

宝仙寺は、東京都中野区中央に所在する斎場です。アクセスとしては、電車の場合は、地下鉄丸の内線・大江戸駅の中野坂上駅出口より徒歩で6分、バスの場合は都営バスの宝仙寺前下車で徒歩1分となっています。
一般葬儀から家族葬まで幅広いニーズに応えてくれる斎場です。
なお駐車場も敷地内に完備されており、駐車台数は60台となっていますので車でお越しの方も安心です。

慈眼寺

住所
東京都中野区中央3-33-3
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ丸の内線「新中野」駅より 徒歩5分
駐車場
30
ご利用料金
220,000

慈眼寺は東京都中野区にある斎場で、東京メトロ丸の内線「新中野」駅を最寄りとします。駅からも徒歩5分圏内に存在するため、徒歩でのアクセスも良好です。自動車の駐車場は30台収容することも可能です。
慈眼寺という寺院の貸し斎場となるため、仏教で利用することができます。式場では50名規模の葬儀を行うことができます。
施設自体には仮眠所が存在しないため、宿泊を要する場合には注意が必要です。

天徳院会館

住所
東京都中野区上高田1-31-4
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ東西線「落合」駅より 徒歩8分
駐車場
12
ご利用料金
170,000

天徳院会館は中野区にある葬儀場です。寺院が所有する葬儀場ではありますが、貸し出しも行っています。
30席のホールがあり、家族葬から一般葬まで、予算や要望に沿って様々な形式の葬儀を行えます。

天徳院会館が位置するのは早稲田通り沿いで、落合駅から徒歩8分、東中野駅から徒歩10分のところにあります。2路線の駅が近くにあるため、とても便利な立地といえます。さらに、駐車場も12台完備していますので、車を利用する場合でも安心です。

新井薬師寺大悲殿

住所
東京都中野区新井5-3-5
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ東西線「落合」駅より 徒歩8分
駐車場
30
ご利用料金
350,000

新井薬師寺 大悲殿は東京都中野区にある葬儀会館であり、近郊では有名な葬儀場として知られています。
一般的な家族葬、大規模な葬儀まで行うことができ、仏式や神式、キリスト教や無宗教など各宗派に対応しています。
アクセスは西武新宿線新井薬師前駅より徒歩8分と近く、JR中央線の場合は「中野駅」北口から関東バス乗車、「新井薬師前」または「北野神社前」下車となります。駐車場も30台ありますので車の方でも余裕をもって利用できます。

福寿院西光殿

住所
東京都中野区本町3-12-9
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ丸の内線「中野新橋」駅より 徒歩3分
駐車場
10
ご利用料金
220,000

福寿院 西光殿は東京都中野区本町にある寺院・斎場で、敷地が広く車両などの出入りが多い葬儀にも容易に対応します。
会葬者の多い一般葬儀から、ご親族だけで執り行う家族葬まで幅広く行うことができます。
どの地域の方でも利用が可能で、収容人数は40名まで対応し、駐車場も10台駐車が可能となっています。交通アクセスは東京メトロ丸の内線中野新橋駅から徒歩3分です。

実相院如意ホール

住所
東京都中野区沼袋4-1-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「沼袋」駅より 徒歩3分
駐車場
8
ご利用料金
92,500

如意ホールは様々な宗旨宗派で葬儀場として利用をすることができるので、真言宗以外を信仰している人でも利用が可能となっています。
駐車場は8台あり会葬者の停めるスペースはあまりないものの、遺族側の最低限のスペースは確保されています。
式場は客席が50席、和室の控室があり冷暖房が完備されています。
葬家に限って宿泊をすることもできるので、故人と最期の時を過ごすことができると同時に、慌ただしく会場と家を行ったり来たりすることがないので手間がかかりません。

了然寺会館

住所
東京都中野区松が丘2-2-2
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「新井薬師前」駅より 徒歩5分
駐車場
10
ご利用料金
130,000

了然寺会館は東京都中野区にある斎場です。西武池袋線新井薬師駅・沼袋駅のどちらからも徒歩5-8分でアクセスできます。10台収容の駐車場も完備しています。中野通りから少し入った妙正寺川沿いにあり、周囲は閑静な住宅街で近くには哲学堂公園もあって落ち着いた環境です。
浄土真宗本願寺派の寺院である了然寺に併設された施設で、入口を入ると広いホールがあり、受付を設置するスペースは十分にあります。1階の式場には60席ほどを設置可能、2階には42畳と14畳、6畳の和室があり控室などに利用することが可能ですが、宿泊はできません。了然寺会館は家族葬から一般葬までさまざまな形の葬儀に使い分けができます。

高徳寺 新井白石記念ホール

住所
東京都中野区上高田1-2-9
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線・都営大江戸線 「東中野」駅より 徒歩6分
駐車場
15
ご利用料金
230,000

高徳寺 新井白石記念ホールは東京都中野区上高田にありJR/地下鉄の落合駅や東中野駅から徒歩5分で都心からのアクセスに申し分ないエリアにあります。
高徳寺には江戸中期の朱子学者新井白石一門の墓所があり新井白石記念ホールは平成7年に完成しました。高徳寺 新井白石記念ホールは火葬場併設の落合斎場にも近く車両での移動時間は5分ほどで、最新設備の整ったホールは式場控室共に高齢の人にも安心のイス席になっています。

東京都中野区の歴史について

江戸時代:生類憐れみの令による野犬収容の犬小屋があった!
現在の中野区にあたる地域は江戸時代には10以上の村が位置し、幕府直轄領として幕府を支える役割を担っていました。元禄8年(1695)に「生類憐れみの令」が出された際には、現在の中野4丁目にあたる約30万坪もの広大な土地に、野犬を収容するための犬小屋が設置されたことで知られています。

明治時代:区内最初の小学校!桃園学校が開校
明治維新後の明治5年(1872)に国民皆学を掲げた「学制」が発布されたことによって、日本では近代教育への道が開かれていきます。それに伴い現在の区内にあたる地域でも明治8年(1875)4月に区内初小学校となる桃園学校が宝仙寺境内に開校され、近代教育の実現への第一歩を踏み出しました。

昭和時代:区役所が現在の地に移転
昭和7年(1932)に東京市が15区から35区へと拡大されたましたが、その際に中野区が誕生します。その後、昭和18年(1943)に東京都が成立した際に東京都中野区となり現在にいたります。そして、昭和43年(1968)に区役所が移転され、中野四丁目に位置している現在の区役所が誕生しました。