東京都品川区

東京都品川区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都品川区の斎場・葬儀場

東京都品川区の葬儀・葬式について

品川区の主な葬儀場、斎場
オフィス街と住宅地のどちらもある品川区では、企業と個人のどちらの葬儀にも対応できる葬儀場や斎場があります。区民を対象にした斎場だと、なぎさ会館などがあります。比較的どの葬儀場や斎場もJRや私鉄の駅からアクセスしやすいのが特徴です。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都品川区の斎場・葬儀場

安楽寺別院 五雲閣

住所
東京都品川区西五反田5-5-12
TEL
0120-22-5940
アクセス
東急目黒線 「不動前」駅下車 徒歩4分
駐車場
15
ご利用料金
200,000

東京都の品川区にある安楽寺別院 五雲閣では、各種の葬儀を執りおこなっています。
最寄り駅から徒歩4分とアクセスもよく、参列される方々のご負担にならない立地です。
50名ほどの規模の葬儀が可能な、家族葬、一般葬に向いている式場です。

桐ヶ谷斎場

住所
東京都品川区西五反田5-32-20
TEL
0120-22-5940
アクセス
東急目黒線「不動前」駅から徒歩7分
駐車場
50
ご利用料金
972,000

桐ヶ谷斎場は東京都品川区西五反田にある斎場です。東急目黒線の不動前駅が最寄り駅で、徒歩約7分でアクセスできます。
駐車場も完備されているため、車での来場も可能です。仏式や神式、キリスト教式など、宗派や地域を問わず利用することができるため、安心です。
火葬場が併設されている総合斎場のため、霊柩車やハイヤー、マイクロバスなどの手配が不要で車両費用などを削減することができるのが魅力的なポイントです。
霊安室の利用も可能で、住宅事情などを心配する必要はありません。
その他には休憩室や控室、売店やコーヒーコーナーなどあらゆる設備が備わっています。明るく快適で、ゆとりのある整った空間の中でお見送りすることができます。

東京都品川区の歴史について

江戸時代:日本の大動脈・東海道の宿場町として発展
1601年に品川宿が設置され、北宿・南宿・新宿の3つに分けられるほどの広大な敷地を有していました。東海道の初宿であり、西国へ通じる陸海両路の玄関口だったため旅籠屋敷が多く遊郭もあり江戸時代は賑わいを見せていました。

明治時代:日本初のビール工場が建設!
1871年、廃藩置県によって品川区は2年間だけ東京府に編入し品川県を名乗っていました。その頃、生活困窮者が数多くおり仕事を与える為に県がビール製造を開始して工場を建設しました。明治2年に工場が稼動をして廃県するまでの間、ビール製造が行なわれていました。

昭和時代:長く親しまれることになる「品川音頭」を制定
昭和53年、品川区内の名所や自然を歌詞に綴った品川音頭が制定されました。演歌歌手の岩本公水と都はるみが歌唱を担当し、区民祭り等で現在も披露されています。区制70年を迎えた2017年には歌詞をリニューアルした品川音頭2017も登場しています。