東京都台東区

東京都台東区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都台東区の斎場・葬儀場

東京都台東区の葬儀・葬式について

台東区での葬儀の形式・流れについて
台東区の葬儀では、町会主導で行う場合と、喪主の会社や業界または個人が主導で行う場合に分かれます。いずれの場合もお通夜と翌日の告別式の2日間です。お通夜ではお清めの席を設け、香典返しをお渡しします。翌日の告別式は昼前より行われ、出棺そして火葬場で荼毘に付された後、再び葬儀場に戻りお清めの席を設けて終了となります。

台東区の主な葬儀場、斎場について
台東区での葬儀のほとんどは、地域の寺院が運営するセレモニーホールを葬儀場として使います。あるいは公営の葬儀場もいくつかあり、やや狭いのですが近隣にある場合には使われることもあります。火葬場はほとんどが町屋斎場になります。
なお家族葬や密葬の場合には、火葬場でお通夜や告別式のすべてを行うこともあります。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都台東区の斎場・葬儀場

千松閣 台東区民斎場

住所
東京都台東区清川1-1-2
TEL
0120-22-5940
アクセス
浅草駅 南千住行き 『東浅草』バス停 徒歩3分 南千住行き 『都立産業労働会館』バス停 徒歩3分 南千住 秋葉原行き 『都立産業労働会館』バス停 徒歩3分
駐車場
2
ご利用料金
80,000

千松閣は台東区民の利用が多い葬儀場です。
交通アクセスは台東区循環バスから北めぐりん6番停留所「今戸二丁目」下車徒歩1分、浅草駅から都バス(南千住行)東浅草」バス停下車、徒歩3分または「東京都人権プラザ」バス停下車徒歩3分、南千住駅から都バス(秋葉原駅行)「東京都人権プラザ」バス停下車徒歩3分となっています。
20名程度の葬儀に利用できます。

葬儀プラン

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/vuser11/5/5/0188655/www.comwellceremony.co.jp/wp/wp-content/themes/comwell/single-area.php on line 405
対応宗教

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/vuser11/5/5/0188655/www.comwellceremony.co.jp/wp/wp-content/themes/comwell/single-area.php on line 417

徳雲会館 台東区民斎場

住所
東京都台東区東上野4-1-4
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR線「上野」駅浅草方面出口より徒歩8分
駐車場
5
ご利用料金
200,000

「徳雲会館 台東区民斎場」はJR山手線「上野駅」より徒歩8分、東京メトロ日比谷線「上野駅」より徒歩5分。区の補助が受けられる斎場で、台東区民の方は区が使用料金の一部を負担してもらえ、一般より割安での利用が可能となっています。駐車場は小規模なため、家族葬のような小規模なお葬式向けの施設です。バリアフリーに対応した施設ですので、身体が不自由な方でも安心・安全に利用ができます。

葬式の形式は「仏教・神道・キリスト教・無宗教」など様々な式に対応可能となっています。徳雲会館 台東区民斎場に火葬場は御座いませんので、お通夜・告別式の後は近隣の火葬施設である荒川区町屋斎場への移動が必要となるため、ご注意ください。

東京都台東区の歴史について

江戸時代:寛永寺が創建!徳川家簿菩提寺へ
台東区にある寛永寺は、1625年に3代将軍徳川家光の命によって創建されました。徳川家康・秀忠・家光が帰依していた天台宗の僧である天海が開祖となり徳川家の菩提寺として約300年もの間繁栄幕府の直轄として管理されました。

明治時代:上野で彰義隊と新政府軍が激突!
寛永寺の殆どが焼失 1868年、彰義隊の戦で戦場と化した寛永寺は壊滅的な打撃を受け主要な伽藍や根本中堂は焼失してしまいました。明治維新後は境内は没収され、焼失したままの建物の再建もされることなく寺は廃止状態に追い込まれました。

昭和時代:アジア初!地下鉄が開業
昭和2年12月30日、アジアで始めての地下鉄が台東区浅草から上野間を走る銀座線として開通しました。開業に合わせて地下鉄用として設計された1000形電車は、現在でもデザインや車両数は大幅に変更されましたが東京メトロ線で現在も走っています。