東京都足立区

東京都足立区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都足立区の斎場・葬儀場

東京都足立区の葬儀・葬式について

急な葬儀で困ったら
急に大事な方が亡くなった時、何から始めて良いのかわからず動揺してしまう方は意外と多いです。葬式に参列することはあっても、自分が行うとなると分からないものです。そのようなときは弊社にお問い合わせください。経験豊富なスタッフがいつでも対応致します。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都足立区の斎場・葬儀場

性扇寺木余堂会館

住所
東京都足立区扇2-19-3
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR線「日暮里」駅下車 都営バス「江北六丁目団地」行にて「扇大橋北詰」バス亭下車
駐車場
10
ご利用料金
50,000

木余堂会館は東京都足立区扇にあり、日暮里舎人ライナーの扇大橋駅から徒歩7分となっています。
木余堂会館は性翁寺の壇信徒会館で、性翁寺壇信徒の他にも宗旨宗派を問わず利用することができます。
神道やキリスト教の葬儀の際にも利用できるのが特徴です。
木余堂会館は、遺族に代わって性翁寺が夜通しお線香をつけたり灯りをつける献灯・献香を行っており、低料金で利用することができます。

理性院会館

住所
東京都足立区柳原2-5-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR常磐線・東京メトロ千代田線「北千住」駅より徒歩7分
駐車場
ご利用料金
50,000

理性院会館は、東京都足立区柳原にあります。東京メトロ日比谷線の北千住駅から徒歩7分ほどの場所に立地しています。京成線の関屋駅からも徒歩で7分ほどです。
理性院会館は、家族葬から一般葬まで幅広く執り行える寺院の貸し葬儀式場です。足立区の南部地域では知名度が高い葬儀式場で、地元の人が多く利用しています。足立区には火葬場がないので、火葬は荒川区や草加市、葛飾区などで行います。

東京都足立区の歴史について

江戸時代:江戸三大市場のひとつ!千住青物市場が栄える
東京都の足立区は、江戸時代に江戸三大市場のひとつとして知られる千住青物市場が栄えた場所です。川魚・青物・米穀などが販売され、活気あふれる問屋街でした。そして、戦前には旧日光街道沿いに多くの青物問屋が軒を連ねていました。

明治時代:廃藩置県により東京府に編入される
現在の東京都足立区は、明治時代以前は小菅県の管轄区域内に所属していました。しかし、明治時代の1871(明治4)年に実施された廃藩置県により、小菅県は廃止・分割されて東京府に編入されることになりました。

昭和時代:地域のランドマークだった「お化け煙突」が解体
昭和時代に入ると、足立区の地域のランドマークだった「お化け煙突」が解体されます。このお化け煙突とは、千住火力発電所の4本の煙突のことです。ひし形に配置されていたために、見る場所により1本にも2本にも見えたことから「お化け」という名称が付いたのです。地域の住民に親しまれていた場所だったため、解体のニュースに悲しむ人が多かったです。