東京都町田市

東京都町田市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

町田市の斎場・葬儀場

町田市の葬儀・葬式について

町田市の葬儀における火葬の特色とは
町田市に居住している方が亡くなった場合には、当市と周辺4都市と共同で運営されている公営の南多摩斎場に設置されている火葬施設を利用します。火葬施設の場所は町田市内にありますが、町田駅周辺よりも相模原市中心部の方が近いです。
東京都は慢性的に火葬施設が不足していますが、その中でも特に南多摩斎場は稼働率が高くていつも混雑しています。そのため予約が取りにくく、10日以上待たなければならないケースもあるほどです。葬儀を行う場合は、まず最初に火葬場の予約を行う必要があります。予約も弊社で対応可能ですので、遠慮なくご相談ください。"

町田市のおすすめ斎場・葬儀場

コムウェルホール町田駅前会堂けやき

サムネイル画像1
住所
東京都町田市原町田1-6-28 
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR横浜線「町田駅」より徒歩2分
駐車場
5
ご利用料金
200,000

ご遺族の立場にたった全室バリアフリーの葬儀式場です。
通夜の後は故人様を同じお部屋にご安置しますので最後の夜を心ゆくまで共にお過ごしいただけます。
大切な方をお見送りするにふさわしい格調高い祭壇、最新技術を取り入れた大型ホールを持つ、コムウェルホール町田駅前会堂けやき。
最愛のご家族とのお別れ に優しく温もりある空間・時間をご提供します。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

町田市の斎場・葬儀場

南多摩斎場

住所
東京都町田市上小山田2147
TEL
0120-22-5940
アクセス
京王相模原線「南大沢駅」よりタクシー 5分
駐車場
100
ご利用料金
140,000

南多摩斎場は、東京都町田市の上小山田にある斎場です。アクセスは京王相模原線の南大沢駅から車で10分またはJR横浜線の相模原駅から車で15分となっています。
南多摩斎場は、1つの会場で葬儀全般を行うことができる式場併設型の火葬場となっており、遺体を安置する霊安室もあります。また斎場内にはバスルームおよびシャワーも設置されており入浴またはシャワーも利用可能です。
大型駐車場も完備されており約100台が収容可能ですので余裕をもって利用できます。なお南多摩斎場では全ての宗派のお葬式に対応しているのでどなたでも安心してご利用いただけます。

コムウェルホール町田駅前会堂けやき

住所
東京都町田市原町田1-6-28 
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR横浜線「町田駅」より徒歩2分
駐車場
5
ご利用料金
200,000

ご遺族の立場にたった全室バリアフリーの葬儀式場です。
通夜の後は故人様を同じお部屋にご安置しますので最後の夜を心ゆくまで共にお過ごしいただけます。
大切な方をお見送りするにふさわしい格調高い祭壇、最新技術を取り入れた大型ホールを持つ、コムウェルホール町田駅前会堂けやき。
最愛のご家族とのお別れ に優しく温もりある空間・時間をご提供します。

町田市の歴史について

江戸時代:幕府の直轄領から旗本知行地へ
江戸時代初期の町田市域内の村の多くは幕府の直轄領でした。数度の地方直しを経ることによって中期の頃までに旗本の知行地となり、その多くが旗本数家と幕府等との相給となりました。相給とは、複数の領主が治めることです。幕末は韮山代官の支配下にありました。

明治時代:神奈川県から東京へ!
明治元年、市域は明治政府の直轄地になりました。武蔵知県事の管轄とされたが、同年末までに全域が神奈川県管轄になりました。当市域を直轄した武蔵知県事は後に品川県になっています。その名称になる前に神奈川県に移行されています。明治11年に南多摩郡に編入され東京に移行されました。

昭和時代:町田市がスタート!1町3村が合併
昭和の初期には町田町という名前であり、南多摩郡の一部の地域でした。昭和33年2月1日に町田町・鶴川村・忠生村・境村の1町3村が対等合併して、市制を施行することになりました。これをもって新制町田市が誕生することとなりました。当時の人口は、61,105人という記録が残っています。