東京都武蔵野市

東京都武蔵野市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

武蔵野市の斎場・葬儀場

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

武蔵野市の斎場・葬儀場

延命寺

住所
東京都武蔵野市八幡町1-1-2
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「三鷹」駅より、関東バス「武蔵境駅」または「武蔵小金井駅」行きに乗車五小前バス停下車(約10分)、タクシー7分
駐車場
なし
ご利用料金
大師堂:200,000円
薬師堂:150,000円

安置後の面会は要相談。
通夜の仮宿泊は2階和室広間が自由に使用でき、
遠方からのご親戚が多い方におすすめです。

安養寺斎場

住所
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-21
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線/京王井の頭線「吉祥寺」駅より 徒歩5分
JR中央線/京王井の頭線「吉祥寺」駅より 徒歩5分
駐車場
10台
ご利用料金
250,000円

緑に囲まれた雰囲気のある式場で、ご家族でゆっくりとお見送りしていただけます。
駅から徒歩5分の場所にあり、
駐車場も完備しておりますのでご会葬者の方にも便利です。

西久保コミュニティセンター

住所
東京都武蔵野市西久保1
TEL
0120-22-5940
アクセス
jR東日本 JR中央・総武線「三鷹」駅より徒歩7分
駐車場
なし
ご利用料金
無料

武蔵野市八幡町西久保在住の方のみが利用可能です。
組織外の住民の方は利用ができません。

源正寺太子堂

住所
東京都武蔵野市緑町1-6-7
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR中央線「三鷹駅」よりバス「柳沢駅行」もしくは「東伏見駅北口行き」
駐車場
10
ご利用料金
220,000

東京都武蔵野市にある源正寺太子堂は、JR中央線「三鷹駅」よりバス「柳沢駅行」もしくは「東伏見駅北口行き」より乗車します。
対応宗教は仏教、神道です。
宿泊施設も備えており、駐車場も10台駐車可能です。収容人数は椅子席で60名ほどです。

武蔵野市の葬儀・葬式について

武蔵野市の葬儀で出される精進料理
東京の武蔵野市での通夜振る舞いは親族の他に一般の参列者にも振る舞います。基本的に大皿で出されオードブルなど簡単につまめる物が多く出されます。昔は生ものを避けることが多かったようですが、最近では見栄えも考えお寿司なども出されます。供養の為に一口だけでも箸をつけるのがマナーとされています。

武蔵野市の歴史について

江戸時代:玉川上水がつくられ農地が拡大
東京都武蔵野市が大きく変わるのは江戸時代に入ってからです。1654年には今も武蔵野市内を流れる玉川上水が作られ、これは全長43キロもあります。この玉川上水が作られることで農地が増えて、武蔵野市は豊かになりました。

明治時代:甲武鉄道(現・中央線)が新宿・立川間で開通!
明治時代になると文明開化の影響で、甲武鉄道が新宿・立川間で開通します。これは現在の中央線です。普段何気なく利用している電車が明治時代から走っていたなんて驚きですよね。昔に作られた鉄道が利用されているなんて、ロマンを感じます。

昭和時代:戦後人口が増加!次々と学校が作られた
昭和時代に入り、戦争が終わると爆発的に人口が増加しました。人口が増加するということは子供が増えるということを意味します。そのため、昭和時代には次々と学校が建設され、現代の基盤となるような整備が行われました。