東京都練馬区

東京都練馬区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都練馬区の斎場・葬儀場

東京都練馬区の葬儀・葬式について

葬祭費用を国や自治体が一定金額の補助金を支給
東京都練馬区は自然が豊富で閑静な住宅街が点在するベッドタウンとして、昔からかなりの人気です。区内には火葬場がありませんので、火葬は近隣の板橋区にある戸田斎場、あるいは新宿区の落合斎場などを使うことが多いです。。また、練馬区には葬祭費補助の制度があり、葬祭費用を国や自治体が一定金額の補助金を支給してくれます。

東京都練馬区での葬儀の形式とその流れ
東京都で葬儀を執り行う場合、ほとんどが葬儀後に出棺して火葬をするいわゆる後火葬になります。葬儀の流れとしては通夜から始まり告別式、そして火葬となります。繰り上げ初七日、忌中払いの会食。これが一般的な流れです。また東京都では通夜に一般の方が多く参列して、葬儀や告別式には親族を中心に行うというスタイルが多くとられています。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都練馬区の斎場・葬儀場

大泉橋戸会館

住所
東京都練馬区大泉町6-24-26
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武池袋線「大泉学園」駅より徒歩10分
駐車場
30
ご利用料金
108,000

大泉橋戸会館は練馬区が運営していて区の指定する葬儀式場として家族葬、社葬、密葬などが行われます。
宗教や宗派は問わず個人でも法人でも利用できる会場です。
平成27年に建て替え工事が行われて新規オープンしたので館内は清潔で新しく、大小合わせて2つのホールがあるので規模に合わせて選ぶことができます。
大泉橋戸会館へのアクセスは西武池袋線の大泉学園駅から徒歩10分程度なので電車で行くか、約30台分の駐車場が併設されていて近隣にもパーキングがあるので車でも簡単に行けます。
火葬場は別の場所に移動しますが、会館内で食事をしたり60名近い規模のセレモニーを行うことが可能です。

福泉禅寺 唯心堂

住所
東京都練馬区中村南2-19-9
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武新宿線「鷺宮」駅「都立家政」駅より徒歩10分
駐車場
5
ご利用料金
150,000

東京都練馬区にある福泉禅寺 唯心堂は、ご家族での小規模なお葬式に最適な葬儀場です。
葬儀を執り行う式場には、祭壇のほかにもご参列いただける皆さまが着席される椅子などの設備が整っています。
施設の周辺は閑静な住宅街であり、地元にお住いの方々のための地域の葬儀場としても利用されます。
葬儀場の規模に見合った7台の駐車スペースがあり、また西武新宿線の「都立家政駅」および「鷺ノ宮駅」から徒歩10分とアクセスの良い立地にありますので、葬儀にご参列いただける皆さまにとってもご不便をおかけしません。

荘巌寺 光明堂

住所
東京都練馬区氷川台3-14-26
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ有楽町線「氷川台」駅より徒歩10分
駐車場
30
ご利用料金
200,000

荘巌寺 光明堂は、東京都練馬区氷川台に所在する斎場です。アクセスは東京メトロ有楽町線の「氷川台駅」から徒歩10分となっています。
仏式・神式・無宗教式など様々な宗派に対応することができます。小規模の式場で原則1日に1喪家だけのご利用になりますので、他家と交わることもなく落ち着いて利用することができます。
また荘巌寺 光明堂 の敷地内に駐車場が完備されており、駐車台数は20台となっていますので車でお越しいただくことも可能です。
注意点としては、荘巌寺 光明堂ではご遺体の安置およびご遺族の宿泊が不可能となっています。

妙福寺 本應院

住所
東京都練馬区南大泉5-7-20
TEL
0120-22-5940
アクセス
西武池袋線「大泉学園」駅より徒歩12分
駐車場
50
ご利用料金
162,000

妙福寺 本應院は自然が多く大変環境のいい場所にあります。
また、駐車場も広く50台停めることができる事から参列者が駐車場に困るという事はありません。
また、50人程度の人が入る事ができるので家族葬でも一般的な葬儀でも困る事はありません。
安置施設もありますのでご安置も可能です。

東京都練馬区の歴史について

江戸時代:江戸の町に野菜を供給!一大農村だった
現在の練馬区からは考えられないかもしれませんが、以前は江戸の町に野菜を供給できるほどの一大農村でしたので、たくさんの野菜が作られていた場所になります。主に作られていた野菜は、大根やイモやゴボウなどです。

明治時代:10を超える小さな村があるだけだった!
"明治の初めごろには、東京府に編入される前までは10程度の小さな村に分かれていた状態でしたので、ほとんどの村は北豊島郡に属していました。関東大震災などの影響によって、徐々に練馬区への人口流入が始まっていきます。

昭和時代:板橋区から別れ、23区内で最も新しい区になった
練馬区は板橋区の中に入っていましたが、昭和22年(1947)に当時の板橋区から独立という形で誕生しました。なぜ独立に至ったかというと、交通の便の悪さなどが影響して、陸の孤島と呼ばれているほどだったからです。