千葉県柏市

千葉県柏市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

千葉県柏市の斎場・葬儀場

千葉県柏市のおすすめ斎場・葬儀場

ウイングホール柏斎場

住所
千葉県柏市布施281-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
柏駅西口または北柏駅北口「北柏駅入口」より「野田市駅」「野田車庫」「柏市立高校」「柏北高校」「東急柏ビレジ」行きバスで前原バス停下車徒歩15分
駐車場
108台
ご利用料金
【柏市・流山市・我孫子市】
大式場:115,000円
小式場:77,000円
【柏市・流山市・我孫子市外の方】
大式場:192,000円
小式場:115,000円

柏市・流山市・我孫子市が設置した組合が運営する公営の斎場です。
民営の斎場に比べて式場使用料が安価に設定されているほか、火葬場が併設されているため、移動の際の車輌費用(マイクロバスなど)をご負担いただく必要がありません。

千葉県の葬儀・葬式の相場について

千葉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 2,380,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

千葉県柏市の斎場・葬儀場

ウイングホール柏斎場

住所
千葉県柏市布施281-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
柏駅西口または北柏駅北口「北柏駅入口」より「野田市駅」「野田車庫」「柏市立高校」「柏北高校」「東急柏ビレジ」行きバスで前原バス停下車徒歩15分
駐車場
108台
ご利用料金
【柏市・流山市・我孫子市】
大式場:115,000円
小式場:77,000円
【柏市・流山市・我孫子市外の方】
大式場:192,000円
小式場:115,000円

柏市・流山市・我孫子市が設置した組合が運営する公営の斎場です。
民営の斎場に比べて式場使用料が安価に設定されているほか、火葬場が併設されているため、移動の際の車輌費用(マイクロバスなど)をご負担いただく必要がありません。

千葉県柏市の葬儀・葬式について

千葉県柏市の葬儀の形式・流れとは
千葉県柏市では告別式の前に火葬を行う前火葬と、他の多くの地方のように告別式後に火葬を行う後火葬が混在しています。昔から地元に住んでいる方であれば、前火葬を行うケースが多いです。これに加えて千葉県では、通夜のことを夜伽(よとぎ)と呼ぶ場合もあります。夜伽では家族などが朝になるまで起きていて、故人と一緒に過ごして飲食を共にします。ただし他の地域から移り住んできた人が多い都市部では一般的な半通夜が行われ、2~3時間で終了します。

千葉県柏市の香典や香典返しの特色とは
柏市を含む千葉県内で行われるお葬式では、品物ではなくて現金で香典返しを渡す習慣があります。現金で香典返しを渡す場合の金額は、1,000円~2,000円程度が相場です。他の地方と同じようにお茶などの品物を渡すこともあり、どちらでも構いません。香典を渡す際に使用する袋や表書きについては他の地域とまったく同じです。

千葉県柏市の歴史について

江戸時代:水運が発達!鮮魚の輸送をしていた
千葉県柏市は江戸時代には利根川や江戸川を利用する人が沢山いたこともあり川沿いの集落が栄えていました。
そして市域北部にある布施村は、加村河岸を結ぶ鮮魚の輸送ルートとして大変な賑わいを見せていたことでもよく知られています。

明治時代:現・常磐線の柏駅が開業!
明治29年に常磐線の柏駅が開業しましたが、それにより柏駅周辺は大きな賑わいを見せるようになりました。
それ以降交通手段が大きく一変して、汽車に乗れば都心に行けるということで人口も増えて大変な発展を遂げる原動力となりました。

昭和時代:前身の東葛市から柏市に名称変更!
昭和29年に東葛飾郡の小金町と柏町、土村と田中村が合併して東葛市が誕生しましたが、その後旧小金町地域の一部を東葛市から除外して東葛市から柏市と名称を変更しました。
これが柏市誕生の歴史で、この市の名前は昭和29年に生まれたことになります。