千葉県浦安市

千葉県浦安市での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

千葉県浦安市の斎場・葬儀場

千葉県浦安市のおすすめ斎場・葬儀場

浦安市斎場

住所
千葉県浦安市千鳥15番3
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR「新浦安駅」より東京ベイシティバス13系統で「浦安斎場」下車(所要時間:約20分)
JR「舞浜駅」よりタクシーで約10分
駐車場
100台
ご利用料金
56,500円

浦安市が運営する公営式場なので、民営式場に比べて式場使用料は安価です。
火葬場が併設されているため、
移動の際の車輌費用(マイクロバスなど)をご負担いただく必要がありません。
宿泊施設や安置施設も併設しています。

千葉県の葬儀・葬式の相場について

千葉県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 2,380,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

千葉県浦安市の斎場・葬儀場

浦安市斎場

住所
千葉県浦安市千鳥15番3
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR「新浦安駅」より東京ベイシティバス13系統で「浦安斎場」下車(所要時間:約20分)
JR「舞浜駅」よりタクシーで約10分
駐車場
100台
ご利用料金
56,500円

浦安市が運営する公営式場なので、民営式場に比べて式場使用料は安価です。
火葬場が併設されているため、
移動の際の車輌費用(マイクロバスなど)をご負担いただく必要がありません。
宿泊施設や安置施設も併設しています。

千葉県浦安市の葬儀・葬式について

浦安市は東京周辺としきたりの違いがごく少ない
浦安市は東京にごく近く、近頃では葬儀に関するしきたりの違いはあまり見られません。一般的な葬儀のルールを踏まえていれば、恙無く執り行うことができるでしょう。しかし古くからしきたりを守っているご家庭も、ないわけではありません。特に古くから住んでいる方々の中には、しきたりを守ってるケースも見られます。

事細かいしきたりは専門家に相談
よく見かけるしきたりの違いに「前火葬」と「後火葬」があります。葬儀の後で火葬する一般的な流れが、後火葬。それに反し前火葬は火葬したのちに葬儀等を行います。果たしてそのしきたりを守る地域がどこなのかは、なかなか把握できないものです。詳しくは弊社担当者にお問い合わせください。

千葉県浦安市の歴史について

江戸時代:徳川家の直轄地だった
戦国時代を経て江戸時代となり徳川幕府が開かれると、浦安は徳川家の直轄地である天領となります。その狙いは、葛西や行徳と合わせて鷹狩りという実質的に武士の訓練をするための場として最適だと考えたことと、行徳でとれる塩を支配するためです。

明治時代:3村が合併し浦安村が誕生!後に浦安町となる
明治22年になり、地方自治の仕組みが変わり町村制が施行されると堀江、猫実、当代島という3つの村が合併して浦安村となりました。やがて明治42年に町制が施行され、浦安町へと変更されました。しかし、村から町へと変わっても、陸の孤島であったためにあまり賑わうことのない地域でした。

昭和時代:「黒い水事件」を契機に埋め立てが本格化
時代は昭和となり戦後は日本中が復興をするため懸命になっていました。そして高度経済成長期に差し掛かり公害が社会問題となってきた1958年に、江戸川区の製紙工場が排水を江戸川に垂れ流し大変な漁業被害をもたらしました。それに反発して工場と周辺の漁民が衝突して大事件へと発展し、結果として漁業権の全面放棄ということになりました。その結果として漁業ができなくなった浦安市周辺の埋め立てが本格化したのです。