神奈川県川崎市川崎区

神奈川県川崎市川崎区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県川崎市川崎区の斎場・葬儀場

神奈川県川崎市川崎区の葬儀・葬式について

急な葬儀で困ったら
急に大事な方が亡くなった時、何から始めて良いのかわからず動揺してしまう方は意外と多いです。葬式に参列することはあっても、自分が行うとなると分からないものです。そのようなときは弊社にお問い合わせください。経験豊富なスタッフがいつでも対応致します。

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

神奈川県川崎市川崎区の斎場・葬儀場

教安寺 一乗会館

住所
神奈川県川崎市川崎区小川町11‐1
TEL
0120-22-5940
アクセス
JR「川崎」駅東口より徒歩7分
駐車場
ご利用料金
100,000

教安寺 一乗会館は、JR川崎駅から徒歩約7分、タクシーで約3分の市街地の一角にある葬儀場です。交通アクセスが良いため、遠方からの参列者の方にも安心です。駅から近い場所ではありますが、周囲は静かな雰囲気です。
お車の場合は近隣の有料パーキングを利用することもできます。
葬儀は主にご親族だけで行う家族葬から一般葬まで幅広く対応することができます。
ご遺体の安置はできないため、葬儀の際はコムウェルへご連絡ください。
なお、葬儀場として利用できる宗派が決まっているため、事前に確認が必要です。

かわさき南部斎苑

住所
神奈川県川崎市川崎区夜光3-2-7
TEL
0120-22-5940
アクセス
川崎市営バス(JR川崎駅東口~塩浜行き)にて「かわさき南部斎苑」
駐車場
8
ご利用料金
80,000

川崎市の施設である「かわさき南部斎苑」では、火葬業務及び斎場としても対応可能です。火葬炉が12炉あり、葬儀が終わった後すぐに火葬に移ることができます。
会場を移動するというのはそれだけで大変なことですので、その移動する手間がないのは大きな魅力です。
斎場(式場)の収容人数に関しては、200人収容可能なお部屋が1室、100人収容可能なお部屋が1室、そして50人収容可能なお部屋が2室ありますので、小さな家族葬から大人数が集まる葬儀まで、参列者の人数によって大小様々な葬儀が可能です。休憩室も別に9室用意されています。また市の施設なので、費用も安く、安心して使用することができるのも魅力と言えるでしょう。

神奈川県川崎市川崎区の歴史について

江戸時代:川崎宿が東海道の宿場町として設置された
現在の川崎市川崎区にあたる地域が街として栄えはじめたのは、江戸時代初期にあたる1623年に宿場が設置されてからです。品川宿と神奈川宿の間に設けられた川崎宿は設置当初から経営の維持が大変で、自然災害の被害を受けて財政が困窮したときには宿役人から廃止の訴えを起こされたこともありましたが、田中休愚の働きによって再建を果たし、明治時代初頭まで川崎宿は維持されました。

明治時代:日本最初の鉄道が開業!川崎駅が設置された
川崎宿の交通の要所としての機能は明治時代に入って失われました。その理由は1872(明治5)年に鉄道駅が設置されたためです。以後は人や物の往来が急速に増えたのに伴って地域の都市化や近代化も急激にすすみ、製造業者の相次ぐ進出によって明治時代の終わり頃には日本でも有数の工業都市となりました。

昭和時代:海を広範囲に埋め立て!大規模工場が建設された
川崎区は1972(昭和47)年に川崎市が政令指定都市に移行する際につくられた区で、行政区域の大半が埋立地となっています。この地域は江戸時代から埋め立てによって都市を拡張してきた歴史があり、昭和時代には大規模工場の建設や宅地開発などを目的として広範囲の埋め立て工事が度々実施されました。