神奈川県横浜市港南区

神奈川県横浜市港南区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

神奈川県横浜市港南区の斎場・葬儀場

神奈川県の葬儀・葬式の相場について

神奈川県の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

神奈川県横浜市港南区の葬儀・葬式について

横浜市港南区の火葬場
横浜市港南区内に火葬場はありません。お隣の鎌倉市も近いですが、市内であれば料金が安くおさえられるので、戸塚区か金沢区の南部斎場など公営を利用するのが一般的です。電車でのアクセスを考えると市営地下鉄を使える戸塚の方が便利です。南部斎場の方が駐車場が広いため車をお持ちの方が多いようであればこちらの方が便利です。

神奈川県横浜市港南区の歴史について

江戸時代:いくつもの村にわかれ、のどかな農村だった
現在の港南区の地域は江戸時代頃、田んぼだけの景色が広がるのどかな農村でした。このころは一つの町ではなく武蔵国久良岐郡に属する上大岡や雑色・関・松本・最戸・久保・宮ヶ谷・宮下・金井・吉原の10個の村と相模国鎌倉郡に属する永谷上と永谷中・上野庭・下野庭の4つの村に分かれていました。

明治時代:村々が合併し、前身となる大岡川村、日下村、鎌倉郡永野村が誕生 江戸時代は14の村に分かれていた地域ですが明治時代になると町村制が施行され村の合併が進みます。永野村・日下村・大岡村の3村が誕生。まず、永谷上村と永谷中村が合併して永谷村が誕生した後に雑色と関、松本が笹下村になります。また、宮ヶ谷と宮下・金井・吉原は合併により日野村ができます。その15年後、笹下村と日野村は日下村に、上大岡村・最戸村・久保村は大岡川村に、その他の鎌倉郡の村は永野村となりました。これら3つの村が現在の港南区の前身となる村です。

昭和時代:南区から別れて、港南区が誕生!翌年人口が10万人に
1927年になると日下村と大岡川村は中区に編入され、その後1936年に永野村も中区に編入されます。中区の地域となっていた3つの村ですが、戦時配給制度の手続の軽減のために中区の一部地域が南区に分区されることになり南区となりました。1969年になると政区再編成が行われ南区から分区され港南区が誕生し、翌年には人口が10万人となります。