東京都荒川区

東京都荒川区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都荒川区の斎場・葬儀場

東京都荒川区のおすすめ斎場・葬儀場

町屋斎場

サムネイル画像1
住所
東京都荒川区町屋1-23-4
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ千代田線「町屋」駅より徒歩5分
駐車場
50台
ご利用料金
243,540円

東京都荒川区にある町屋斎場は通夜から葬儀告別式、火葬までを同じ敷地内で執り行える総合斎場です。
23区内には火葬場併設の斎場は町屋斎場を入れて8ヶ所しかありません。霊柩車やマイクロバス、ハイヤーの手配をする必要がないためリーズナブルに葬儀が行えます。
3階建ての建物の中に、火葬炉が12基・式場が10室・控室が10室・休憩室が15室あります。式場の10室(40名収容)は間仕切りを外し大規模な葬儀を行うことが可能です。霊安室も完備しており、住宅事情で自宅にお連れできないときは病院から直接安置できます。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

お気軽にお問い合わせ・ご相談してください

些細なことでもご相談ください

東京都荒川区の斎場・葬儀場

町屋斎場

住所
東京都荒川区町屋1-23-4
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ千代田線「町屋」駅より徒歩5分
駐車場
50台
ご利用料金
243,540円

東京都荒川区にある町屋斎場は通夜から葬儀告別式、火葬までを同じ敷地内で執り行える総合斎場です。
23区内には火葬場併設の斎場は町屋斎場を入れて8ヶ所しかありません。霊柩車やマイクロバス、ハイヤーの手配をする必要がないためリーズナブルに葬儀が行えます。
3階建ての建物の中に、火葬炉が12基・式場が10室・控室が10室・休憩室が15室あります。式場の10室(40名収容)は間仕切りを外し大規模な葬儀を行うことが可能です。霊安室も完備しており、住宅事情で自宅にお連れできないときは病院から直接安置できます。

慈眼寺斎場

住所
東京都荒川区町屋2-20-12
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ千代田線「町屋」駅より徒歩5分
駐車場
6
ご利用料金
220,000

"慈眼寺斎場は東京都荒川区町屋に存在する斎場で、都電荒川線町屋二丁目駅、東京メトロ千代田線町屋駅、京成本線京成町屋駅の三つを最寄りとします。駅からも徒歩10分圏内に存在するため、徒歩でのアクセスも良好であり、通いやすい場所に立地しています。
慈眼寺という寺院の貸し斎場となるため、家族葬や一般的な葬儀を行う上でも利用することができます。比較的に綺麗な設備となる斎場となり、式場では40名規模の葬儀を行う上で適しております。
徒歩による交通アクセスが良好でありますが、一方では自動車の駐車場も6台収容することも可能です。火葬場の利用としては町屋に存在する町屋斎場による火葬となります。
施設自体には仮眠所が存在しないため、宿泊を要する場合には注意が必要です。

町屋斎場

住所
東京都荒川区町屋1-23-4
TEL
0120-22-5940
アクセス
東京メトロ千代田線「町屋」駅より徒歩5分
駐車場
50
ご利用料金
243,540

東京都荒川区にある町屋斎場は通夜から葬儀告別式、火葬までを同じ敷地内で執り行える総合斎場です。
23区内には火葬場併設の斎場は町屋斎場を入れて8ヶ所しかありません。霊柩車やマイクロバス、ハイヤーの手配をする必要がないためリーズナブルに葬儀が行えます。
3階建ての建物の中に、火葬炉が12基・式場が10室・控室が10室・休憩室が15室あります。式場の10室(40名収容)は間仕切りを外し大規模な葬儀を行うことが可能です。霊安室も完備しており、住宅事情で自宅にお連れできないときは病院から直接安置できます。

東京都荒川区の葬儀・葬式について

荒川区での葬儀について
東京都荒川区で葬儀を行う場合には、お寺による葬儀も可能ですが葬儀場があるのでそこで行うのが一般的です。どちらで行う葬儀も充実した設備で、安心して葬儀が可能です。

荒川区の葬式の特色とは
東京都で行う葬儀といえども他で行う葬儀と格段変わりはありません。荒川区での葬式でもそれは変わりはなく特殊な式ではないのですが地方の葬儀場に比べるとかなり狭いので、地方の葬儀に参列されていた方は少々窮屈に感じるかも知れません。

東京都荒川区の歴史について

江戸時代:街道の分岐点として発展
昔から荒川区は陸や海の拠点として栄えてきました。水戸道中と奥州・日光街道中の分岐点だったため、両方の道を行き来する旅人の安息の地として人気でした。かつては車などがあったわけではなかったので、休息をとる場所に最適だったのでしょう。

明治時代:日本初の官営羊毛工場が操業開始
明治時代が始まったころから、さまざまな大工場が建設されはじめ、日本初の官営羊毛工場が操業するなどしました。そして大規模な工場地帯が形成されることになりました。工業地帯の発展と比例するように街もどんどん発展しました。

昭和時代:有名な「阿部定事件」がおこる
荒川区は昭和11年にあの有名な阿部定事件の舞台でもあります。いまだにテレビ番組で取り上げられるので、知ってる方も多いと思います。たくさんの映画や小説の元にもなりました。