東京都葛飾区

東京都葛飾区での葬儀・家族葬は
お任せください。

各式場に関するお問合せは365日24時間お受けいたしております。ご葬儀に関しての不安、ご不明な点などもお気軽にお問合せください。専任スタッフが丁寧にお答え致します。

コムウェルの葬儀が選ばれる理由

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼
NO.1

創業43年、ご葬儀実績5万件超えの 安心と信頼

昭和47年6月の創業以来、一都三県を中心に、「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いを胸にご葬儀のお手伝いをしてまいりました。累計5万件以上のご葬儀実績は、お客様からの信頼と安心の証です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
NO.2

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています

コムウェルの葬儀プランには、「本来必ず必要になるもの」が最初から全て含まれています。プランに含まれているお料理や返礼品、利用式場などはお客様の要望により、自由に変更することも可能です。

必要なものは全て 葬儀プランに予め含めています
1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当
NO.3

1人の担当者が事前のご相談から アフターフォローまで担当

「お客様の哀しみを私たちの悲しみとする」という想いのもと、コムウェルでは1人の担当者がお客様のご担当として寄り添うことを重視しています。事前のご相談からアフターフォローまで、「顔が見える安心感」を大切にしています。

東京都葛飾区の斎場・葬儀場

東京都葛飾区の葬儀・葬式について

葛飾区で行われる葬儀は後火葬なのが一般的
東京都葛飾区内での葬儀は通夜、告別式、火葬の順に行われる、いわゆる「後火葬」が一般的です。後火葬は関東や九州ではごく一般的に行われている形式なので、これらの地域に住んでいる人であれば葛飾区内で友人や仕事で関わった人などの葬儀に参列する際にすぐに順応することができるでしょう。
また、かつては多くの人が故人と最後の別れができるような形式で葬儀が営まれる傾向が強かったですが、近年は葬儀とは別の機会に故人を惜しむための催しを開催し、葬儀は親族とごく親しい友人・知人のみで営む傾向がでてきています。

東京都の葬儀・葬式の相場について

東京都の葬儀費用の相場

葬儀費用合計の平均⇒ 1,860,000円

データ元:一般財団法人 日本消費者協会
     2017年(平成29年) 第11回「葬儀についてのアンケート調査」より

東京都葛飾区の斎場・葬儀場

善福院蜜厳堂

住所
東京都葛飾区四ツ木3-4-29
TEL
0120-22-5940
アクセス
京成押上線「四ツ木」駅から徒歩11分
駐車場
5
ご利用料金
100,000

善福院は、葛飾区四つ木にある永正16年に祐誉法印が創建した真言宗智山派寺院の古刹寺院です。創建当時は東照宮若王寺と称されていましたが、後に徳川家康公の神号をはばかり善福院と改号されました。

この善福院が運営する寺院斎場に善福院密厳堂があります。本堂横に独立した斎場が設けられており、真言宗でなくとも宗旨宗派を問わず葬儀に利用することができます。1日に1喪家だけの貸し切りでの利用となるため、他家に気を遣うこともなく、ご遺族だけでゆったりとお見送りをすることができます。

1階に式場椅子席、2階に和室客殿とシャワールームがあります。2階にある和室客殿は約48畳もの広さで3会場に仕切ることができるため、ご遺族の状況に応じて親族用、一般用などと分けることも可能です。また、付添い宿泊のために脱衣所付のシャワールームも完備されています。火葬施設はないので、葬儀後、至近の斎場を利用することになります。

お花茶屋会館

住所
東京都葛飾区白鳥2-5-5
TEL
0120-22-5940
アクセス
京成上野線「お花茶屋」駅下車 徒歩5分
駐車場
10
ご利用料金
108,000

お花茶屋会館は葛飾区にある式場で、小規模な葬儀に向いている式場です。
アクセスは最寄り駅から5分と非常に良い場所にあります。また、10台ですが駐車場も完備しています。

四ツ木斎場

住所
東京都葛飾区白鳥2-9-1
TEL
0120-22-5940
アクセス
京成上野線「お花茶屋」駅下車 徒歩5分
駐車場
60
ご利用料金
216,000

四つ木斎場は東京都葛飾区白鳥にあり、お花茶屋駅から徒歩約5分のところにあります。
火葬場併設の四つ木斎場では式典後にバス移動の必要がないため足腰の弱い人にも負担が少なく車両費用もかけずに済み、参列者の受付も館内で行えるよう配慮されており悪天候の日も安心して利用できる葬儀場となっています。
四つ木斎場には葬儀式場と控室が5室ずつあり休憩室は18室、火葬炉は最上等が7基で特別室2基、貴賓館2基で小型炉が1基の計12基となっています。霊安室は6体収容となっており宗教・宗派に関係なく式典を行うことができ遺体の安置も可能で、四つ木斎場では故人が病院で亡くなってから遺体を搬入したのちは通夜から告別式、火葬へと葬儀全般を執り行うことが可能になっている総合斎場です。

東京都葛飾区の歴史について

江戸時代:徳川家の鷹場に!歴代の将軍が鷹狩を楽しんだ
東京都葛飾区は江戸時代には、徳川家の鷹場として使われていました。江戸時代の歴代の将軍が鷹狩りを楽しんだエリアとしても知られています。現代からは想像もつきませんが、鷹が縦横無尽に飛び交っていたのでした。

明治時代:小高園(菖蒲園)の花菖蒲を海外に輸出
明治時代に入ってからは、菖蒲園とも言われる小高園の花菖蒲を海外に輸出する拠点ともなりました。下町のイメージのある葛飾区ですが、海外にビジネス展開するための商業エリアとしても発達したことが分かりますね。

昭和時代:五郡八二か町村が合併し葛飾区が誕生!
昭和時代になると、なんと五群八十二ヶ町村ものエリアが合併することになりました。この行政エリアの再編によって、現在の葛飾区が誕生することになります。こうしてみると、実にたくさんの村が集まってできたことがわかります。